注意したい言葉

俳句で注意をしたい言葉

知らなかった!「図る・計る・測る・量る・諮る・謀る」の使い分け

読み方は同じだけれど、漢字の違う言葉に「図る・計る・測る・量る・諮る・謀る」があります。間違えた漢字を使わないように、それぞれの意味を書いています。
俳句で注意をしたい言葉

もうこれで迷わない!「川・河・江」の使い分け

川を指す言葉は「川・河・江」など、いろいろあります。同じ「川」を指す言葉でも、それぞれの意味に違いがあります。俳句を作るときに使い分けられるように、「川・河・江」の違いを紹介します。
俳句で注意をしたい言葉

えっ、そうなの?「答える・応える」の使い分け

読み方は同じだけれど、漢字の違う言葉に「答える・応える」があります。間違えた漢字を使わないように、それぞれの意味を記事では紹介しています。
俳句で注意をしたい言葉

あなたは大丈夫?「氷る・凍る」の使い分け

読み方は同じだけれど、漢字の違う言葉に「氷る・凍る」があります。それぞれに使われる場所が違うので、俳句で間違えて使わないように意味や使い方を紹介します。
俳句で注意をしたい言葉

あなたは大丈夫?「分かる・判る・解る」の使い分け

読み方は同じだけれど、漢字の違う言葉に「分かる・判る・解る」があります。間違えた漢字を使わないように、それぞれの意味を記事で紹介しています。
俳句で注意をしたい言葉

「固い・堅い・硬い」の違いは○○○○

読み方は同じだけれど、漢字の違う言葉に「固い・堅い・硬い」があります。俳句で間違えて使わないように、それぞれの意味を書いています。
俳句で注意をしたい言葉

えっ、そうなの?「治める・収める・納める・修める」の違い

読み方は同じだけれど、漢字の違う言葉に「治める・収める・納める・修める」があります。俳句で間違えて使わないように、それぞれの意味を書いています。
俳句で注意をしたい言葉

俳句で注意をしたい「下・元・本・基」の違い

「下・元・本・基」はどれも「もと」と読みます。俳句作品の中では「○○のもと」と書くときに、間違っているのでは?と思う漢字があてられていることがあります。ここでは「下・元・本・基」のそれぞれの意味を紹介します。
俳句で注意をしたい言葉

俳句で注意をしたい「影・陰」の違い

俳句では「影」「陰」などの漢字ががよく使われますが、それぞれに意味の違いがあります。ここでは、俳句を作るときに使い分けられるように、「影」と「陰」の意味の違いを紹介しています。
俳句で注意をしたい言葉

知らなかった!「羽・羽根・翼」の使い分け

俳句でもよく見かける「羽・羽根・翼」の意味の違いを紹介します。意味を知ることで、俳句作品を作るときに漢字を使い分けることができるようになります。ぜひ、覚えておきましょう。