春の季語一覧

春の主要な季語を一覧にしています、俳句を作る際の参考になさってください。
動詞の季語は、誰にでも分かるように現代語で書いています。古語での季語は、記事最後に紹介している本に掲載されています。

本ページはリンクフリーですが、ページ内のコピーは個人利用でも禁止です。

春の時候

三春の時候

暖か(あたたか) / 春暁(しゅんぎょう) / 春昼(しゅんちゅう) / 遅日(ちじつ) / 長閑(のどか) / 春の暮(はるのくれ) / 春の夜(はるのよ) / 日永(ひなが) / 春日和(はるびより) / 春北斗(はるほくと) / 春三日月(はるみかづき) / 蛙の目借り時(かわずのめかりどき) / 麗らか(うららか) / 

初春の時候

うりずん(うりずん) / 蛙の目借時(かわずのめかりどき) / 如月(きさらぎ) / 旧正月(きゅうしょうがつ) / 冴返る(さえかえる) / 早春(そうしゅん) / 遅春(ちしゅん) / 二月(にがつ) / 二月尽(にがつじん) / 春(はる) / 春浅い(はるあさい) / 春寒(はるさむ) / 春めく(はるめく) / 余寒(よかん) / 春設く(はるまく) / 春さる(はるさる) /  

仲春の時候

寒明(かんあけ) / 三月(さんがつ) / 春社(しゅんしゃ) / 仲春(ちゅうしゅん) / 彼岸(ひがん) / 龍天に昇る(りゅうてんにのぼる) / 初朔日(はつついたち) / 三月尽(さんがつじん) / 弥生尽(やよいじん) / 

晩春の時候

暮の春(くれのはる) / 行く春(ゆくはる) / 春尽(しゅんじん) / 四月(しがつ) / 夏近い(なつちかい) / 八十八夜(はちじゅうはちや) / 花冷(はなびえ) / 春暑い(はるあつい) / 春惜しむ(はるおしむ) / 四月尽(しがつじん) / 春深い(はるふかい) / 晩春(ばんしゅん) / 弥生(やよい) / 花の便り(はなのたより) / リラ冷え(りらびえ) / 

春の天文

三春の天文

朧(おぼろ) / 陽炎(かげろう) / 霞(かすみ) / 黄砂(こうさ) / 春陰(しゅんいん) / 春光(しゅんこう) / 春塵(しゅんじん) / 春の霜(はるのしも) / 春の空(はるのそら) / 春の闇(はるのやみ) / 春の霧(はるのきり) / 春雷(しゅんらい) / 

初春の天文

 

仲春の天文

地霧(じぎり) / 

晩春の天文

蜃気楼(しんきろう) / 逃げ水(にげみず) / 花曇(はなぐもり) / 別れ霜(わかれじも) / 春の露(はるのつゆ) / 鳥曇(とりぐもり) / 

春の地理

三春の地理

斑雪(はだれゆき) / 佐保姫(さほひめ) / 春潮(しゅんちょう) / 春泥(しゅんでい) / 春田(はるた) / 春の海(はるのうみ) / 春の川(はるのかわ) / 春の波(はるのなみ) / 春の野(はるのの) / 春の水(はるのみず) / 春の山(はるのやま) / 春園(しゅんえん) / 春の池(はるのいけ) / 春の土(はるのつち) / 春の堤(はるのつつみ) / 

初春の地理

堅雪(かたゆき) / 薄氷(うすらい) / 残る氷(のこるこおり) / 荻の焼け原(おぎのやけはら) / 幻氷(げんぴょう) / 山笑う(やまわらう) / 木の根明く(きのねあく) / 

仲春の地理

残雪(ざんせつ) / 雪崩(なだれ) / 雪代(ゆきしろ) / 雪解(ゆきどけ) / 雪間(ゆきま) / 凍解(いてどけ) / 氷解(こおりどけ) / 水温む(みずぬるむ) / 春出水(はるでみず) / 彼岸潮(ひがんじお) / 流氷(りゅうひょう) / 

晩春の地理

苗代(なわしろ) / 潮干潟(しおひがた) / 

春の生活

三春の生活

青饅(あおぬた) / 朝寝(あさね) / 伊勢参(いせまいり) / 磯菜摘(いそなつみ) / 風車(かざぐるま) / 雉笛(きじぶえ) / 木の芽和(きのめあえ) / 慈姑掘る(くわいほる) / 蜆汁(しじみじる) / 石鹸玉(しゃぼんだま) / 春愁(しゅんしゅう) / 春季闘争(しゅんきとうそう) / 春服(しゅんぷく) / 春の着物(はるのきもの) / 春眠(しゅんみん) / 白子干(しらすぼし) / 凧(たこ) / 種芋(たねいも) / 椿餅(つばきもち) / 栄螺の壺焼(さざえのつぼやき) / 摘草(つみくさ) / 田楽焼(でんがくやき) / 菜飯(なめし) / 上り簗(のぼりやな) / 畑打(はたうち) / 春炬燵(はるごたつ) / 春マフラー(はるまふらー) / 春愉しい(はるたのしい) / 春暖炉(はるだんろ) / 春の風邪(はるのかぜ) / 春の灯(はるのひ) / 春の夢(はるのゆめ) / 春の炉(はるのろ) / 春火鉢(はるひばち) / 干鱈(ひだら) / 風船(ふうせん) / ぶらんこ(ぶらんこ) / 目刺(めざし) / 胡葱膾(あさつきなます) / 団扇作る(うちわつくる) / 雁瘡癒える(がんがさいえる) / 木の芽味噌(きのめみそ) / 春意(しゅんい) / 洲蛤(すはまぐり) / 田螺和(たにしあえ) / 野老掘る(ところほる) / 春外套(はるがいとう) / 春障子(はるしょうじ) / 春セーター(はるせーたー) / 春手袋(はるてぶくろ) / 春挽糸(はるひきいと) / 春帽子(はるぼうし) / 鮒膾(ふななます) / 麻疹(はしか) / 馬蛤突(まてつき) / 若布和(わかめあえ) / 若布刈る(わかめかる) / 貝合(かいあわせ) / 駒鳥笛(こまぶえ) / 蜆取(しじみとり) / 春袷(はるあわせ) / 海雲採(もずくとり) /

初春の生活

藍蒔く(あいまく) / 鶯餅(うぐいすもち) / 芝焼く(しばやく) / 剪定(せんてい) / 二月礼者(にがつれいじゃ) / 野焼く(のやく) / 畑焼く(はたやく) / 初午(はつうま) / 花菜漬(はななづけ) / 針供養(はりくよう) / 麦踏(むぎふみ) / 焼野(やけの) / 山焼く(やまやく) / 雪割(ゆきわり) / 雪見舞(ゆきみまい) / 渡り漁夫(わたりぎょふ) / 蕨餅(わらびもち) / 絵踏(えぶみ) / 甘蔗植える(かんしょうえる) / 桑植える(くわうえる) / 山椒の皮(さんしょうのかわ) / 春聯(しゅんれん) / 白魚飯(しらうおめし) / 鳴鳥狩(ないとがり) / 猟名残(りょうなごり) / 春スキー(はるすきー) / 味噌豆煮る(みそまめにる) / 梅見(うめみ) / 蕗味噌(ふきみそ) / 雪掘(ゆきほり) / 木地炉縁(きじろぶち) / 蘆焼く(あしやく) / 魞挿す(えりさす) / 

仲春の生活

麻蒔く(あさまく) / 鮎汲(あゆくみ) / 芋植える(いもうえる) / 厩出し(うまやだし) / 菊の根分(きくのねわけ) / 垣繕う(かきつくろう) / 観潮(かんちょう) / 雁風呂(がんぶろ) / 菊の苗(きくのなえ) / 北窓開く(きたまどひらく) / 木流し(きながし) / 草餅(くさもち) / 桑解く(くわとく) / 木の実植える(このみうえる) / 挿し木(さしき) / 受験(じゅけん) / 春分の日(しゅんぶんのひ) / 白酒(しろざけ) / 卒業(そつぎょう) / 田打(たうち) / 種選(たねえらび) / 種物(たねもの) / 接木(つぎき) / 苗木市(なえぎいち) / 苗木植える(なえぎうえる) / 苗床(なえどこ) / 苗札(なえふだ) / 根分(ねわけ) / 萩根分(はぎねわけ) / 蓮植える(はすうえる) / 春休(はるやすみ) / 雛市(ひないち) / 雛納め(ひなおさめ) / 雛流し(ひなながし) / 雛祭(ひなまつり) / 雛(ひな) / 二日灸(ふつかきゅう) / 干鰈(ほしがれい) / 緑の週間(みどりのしゅうかん) / 蒸鰈(むしがれい) / 目貼剥ぐ(めばりはぐ) / 物種蒔く(ものたねまく) / 胡瓜蒔く(きゅうりまく) / 南瓜蒔く(かぼちゃまく) / 西瓜蒔く(すいかまく) / 糸瓜蒔く(へちまひく) / 茄子蒔く(なすまく) / 桃の節句(もものせっく) / 屋根替(やねがえ) / 雪囲い解く(ゆきがこいとく) / 五加飯(うこぎめし) / 阿蘭陀渡る(おらんだわたる) / 外套脱ぐ(がいとうぬぐ) / 木の芽漬(きのめづけ) / 枸杞茶(くこちゃ) / 車組む(くるまくむ) / 小水葱摘む(こなぎつむ) / 菖蒲の根分(しょうぶのねわけ) / 進級(しんきゅう) / 睡蓮植える(すいれんうえる) / 捨頭巾(すてずきん) / 橇蔵う(そりしまう) / 釣釜(つりがま) / 胴着脱ぐ(どうぎぬぐ) / 取木(とりき) / 農具市(のうぐいち) / 春事(はるごと) / 春場所(はるばしょ) / 春鮒釣(はるぶなつり) / 一日正月(ひとひしょうがつ) / 雛遊(ひなあそび) / 雛の使(ひなのつかい) / 瓢箪蒔く(ひょうたんまく) / 牧開(まきびらき) / 真桑瓜蒔く(まくわうりまく) / 夕顔蒔く(ゆうがおまく) / 雪晒(ゆきさらし) / 嫁菜摘(よめなつみ) / 山葵漬(わさびづけ) / 治聾酒(じろうしゅ) / 

晩春の生活

畦塗(あぜぬり) / 海人(あま) / 磯遊び(いそあそび) / 磯竈(いそかまど) / 遠足(えんそく) / 果樹植える(かじゅうえる) / 数の子作る(かずのこつくる) / 鴨川踊(かもがわおどり) / 菊植える(きくうえる) / 球根植える(きゅうこんうえる) / 曲水(きょくすい) / 桑摘(くわつみ) / 蚕飼(こがい) / 炬燵塞ぐ(こたつふさぐ) / 鯛網(たいあみ) / 桜漬(さくらづけ) / 桜餅(さくらもち) / 汐干狩(しおひがり) / 霜燻べ(しもくすべ) / 十三詣(じゅうさんもうで) / 製茶(せいちゃ) / 種浸し(たねひたし) / 種蒔(たねまき) / 暖炉納める(だんろおさめる) / 茶摘(ちゃつみ) / 踏青(とうせい) / 闘鶏(とうけい) / 入学(にゅうがく) / 野遊び(のあそび) / 花篝(はなかがり) / 花衣(はなごろも) / 花種蒔く(はなだねまく) / 花盗人(はなぬすびと) / 花見(はなみ) / 花守(はなもり) / 炉塞(ろふさぎ) / 春日傘(はるひがさ) / 馬鈴薯植える(じゃがいもうえる) / 菱餅(ひしもち) / 羊の毛刈る(ひつじのけかる) / ボートレース(ぼーとれーす) / 水口祭(みなくちまつり) / 苗標(なえじるし) / 鳥持網代(とりもちあじろ) / 新社員(しんしゃいん) / 霜除とる(しもよけとる) / 躑躅の衣(つつじのころも) / 聞茶(ききちゃ) / 桜衣(さくらごろも) / 独活和(うどあえ) / 花疲(はなづかれ) / 磯開(いそびらき) / 小弓引(こゆみひき) / 松の緑摘む(まつのみどりつむ) / 春窮(しゅんきゅう) / 牛蒡蒔く(ごぼうまく) / 蒟蒻植える(こんにゃくうえる) / 花軍(はないくさ) / 柳重(やなぎがさね) / 山吹衣(やまぶきごろも) / 種痘(しゅとう) / 甘藷苗作る(かんしょなえつくる) / 鶯袖(うぐいすそで) / 寒食(かんしょく) / 桑売(くわうり) / 鶏頭蒔く(けいとうまく) / 小袖納(こそでおさめ) / 竿躑躅(さおつつじ) / 三の替(さんのかわり) / 花車(はなぐるま) / 花の鈴(はなのすず) / 花の都(はなのみやこ) / 春鱚釣(はるきすつり) / 柳の鬘(やなぎのかずら) / 袷(あわせ) / 花粉症(かふんしょう) /

春の行事

三春の行事

開帳(かいちょう) / 遍路(へんろ) / 

初春の行事

謝肉祭(しゃにくさい) / 常楽会(じょうらくえ) / 春祭(はるまつり) / バレンタインデー(ばれんたいんでー) / 一夜官女祭(いちやかんにょさい) / 会陽(えよう) / 御灯祭(おとうまつり) / 橿原祭(かしはらさい) / 祈念祭(きねんさい) / 東福寺懺法(とうふくじせんぼう) / 鳥羽火祭(とばひまつり) / 鞆八幡の御弓神事(ともはちまんのおゆみしんじ) / 豊橋鬼祭(とよはしおにまつり) / 二十六聖人祭(にじゅうろくせいじんさい) / 仁王会(にんのうえ) / 花水祝(はなみずいわい) / 餅花煎る(もちばないる) / 黒森歌舞伎(くろもりかぶき) / 谷汲踊(たにくみおどり) / 御願神事(ごんがんしんじ) / 摩耶詣(まやもうで) / 列見(れっけん) / 長谷のただ押し(はせでらのただおし) / どんつき祭(どんつきまつり) / 藁馬曳き(わらうまひき) / 六郷かまくら(ろくごうかまくら) / 遺教経会(ゆいきょうぎょうえ) / 莱祀祭(おらいしまつり) / 建国記念日(けんこくきねんび) / 

仲春の行事

御告祭(おつげさい) / お水取(おみずとり) / 春日祭(かすがまつり) / 嵯峨の柱炬(さがのはしらたいまつ) / 東京大空襲忌(とうきょうだいくうしゅうき) / エイプリルフール(えいぷりるふーる) / 修二月会(しゅにがつえ) / 涅槃会(ねはんえ) / 彼岸会(ひがんえ) / ビキニ忌(びきにき) / 空海忌(くうかいいみ) / 粟島神社大祭(あわしまじんじゃたいさい) / 浦佐の堂押(うらさのどうおし) / 鹿島祭頭祭(かしまさいとうさい) / 春日御田植祭(かすがのおたうえまつり) / 祇園御八講(ぎおんごはっこう) / 季御読経(きのみどきょう) / 気多平国祭(けたくにむけまつり) / 事始(ことはじめ) / 時宗踊念仏(じしゅうおどりねんぶつ) / 四旬節(しじゅんせつ) / 積塔会(しゃくとうえ) / 春季皇霊祭(しゅんきこうれいさい) / 園韓神祭(そのからかみのまつり) / 太子会(たいしえ) / 薪能(たきぎのう) / 灰の水曜日(はいのすいようび) / 初午芝居(はつうましばい) / 日迎(ひむかえ) / 法華八講(ほうけはっこう) / 河豚供養(ふぐくよう) / 薬師寺造華会(やくしじぞうかえ) / 八幡初卯神楽(やわたはつうのかぐら) / 湯祈祷(ゆぎとう) / 湯立獅子(ゆだてじし) / 六阿弥陀詣(ろくあみだもうで) / 若狭のお水送り(わかさのおみずおくり) / 泥打祭(どろうちまつり) / 高尾山火渡り祭(たかおさんひわたりさい) / 恒持祭(つねもちまつり) / 帆手祭(ほてまつり) / 火振り祭(ひぶりまつり) / 出代(でしろ) / 真清田桃花祭(ますみだとうかさい) / 聖ヨセフ祭(せいよせふさい) / 

晩春の行事

甘茶(あまちゃ) / 梅若忌(うめわかき) / 御身拭(おみぬぐい) / 鐘供養(かねくよう) / 御忌(ぎょき) / 鞍馬の花供養(くらまのはなくよう) / 憲法記念日(けんぽうきねんび) / ゴールデンウィーク(ごーるでんうぃーく) / 嵯峨大念仏(さがだいねんぶつ) / 受難節(じゅなんせつ) / 聖霊会(しょうりょうえ) / 聖金曜日(せいきんようび) / 釈奠(せきてん) / 先帝祭(せんていさい) / 高山祭(たかやままつり) / 博多どんたく(はかたどんたく) / 花換祭(はなかえまつり) / 鎮花祭(はなしずめまつり) / 柿本人麻呂祭(かきのものひとまさい) / 復活祭(ふっかつさい) / 仏生会(ぶっしょうえ) / みどりの日(みどりのひ) / 大峰入(おおみねいり) / 壬生念仏(みぶねんぶつ) / 都踊(みやこおどり) / 靖国祭(やすくにまつり) / 安良居祭(やすらいまつり) / 吉野の花会式(よしののはなえしき) / 道明寺祭(どうみょうじまつり) / 清明祭(せいめいさい) / お札流し(おふだながし) / 芦辺踊(あしべおどり) / 柳祭(やなぎまつり) / 伴旗祭(ともばたまつり) / 西大寺大茶盛(さいだいじおおちゃもり) / 平泉藤原祭(ひらいずみふじわらまつり) / 長浜曳山祭(ながはまひきやままつり) / 天津司舞(てんづしまい) / 最後の晩餐(さいごのばんさん) / 白き日曜日(しろきにちようび) / 美濃祭(みのまつり) / 東踊(あずまおどり) / 硯石取る(すずりいしとる) / 巳の日の祓(みのひのはらえ) / 行基詣(ぎょうきもうで) / 鶯合(うぐいすあわせ) / 聖土曜日(せいどようび) / 大和神幸祭(おおやまとしんこうさい) / 古川祭の起し太鼓(ふるかわまつりのおこしだいこ) / 青紫垣神事(あおふしがきしんじ) / 御車山祭(みくるまやままつり) / 受難の主日(じゅなんのしゅじつ) / 稲荷祭(いなりまつり) / 須磨の御禊(すまのみそぎ) / 浪花踊(なにわおどり) / 浅間祭(せんげんまつり) / 染織祭(せんしょくさい) / 日光強飯式(にっこうごうはんしき) / 島原の太夫の道中(しまばらのたゆうのどうちゅう) / 石清水臨時祭(いわしみずりんじさい) / 桜花祭(おうかさい) / 観学会(かんがくえ) / 経供養(きょうくよう) / 興福寺文殊会(こうふくじもんじゅえ) / 御灯(ごとう) / 榊伐(さかききり) / 聖武天皇祭(しょうむてんのうさい) / 千本閻魔堂大念佛狂言(せんぼんえんまどうだいねんぶつきょうげん) / 龍田風神祭(たつたかぜのかみまつり) / 東大寺授戒(とうだいじじゅかい) / 長崎の凧揚(ながさきのはたあげ) / 般若寺文殊会(はんにゃじもんじゅえ) / 品川寺鐘供養(ほんせんじかねくよう) / 松尾祭御出(まつのおまつりおいで) / 水屋の能(みずやののう) / 薬師寺最勝会(やくしじさいしょうえ) / 大原野祭(おおはらのまつり) / 赤穂義士祭(あこうぎしさい) / 加茂詣(かももうで) / 三朝の大綱引(みささのおおつなひき) / 昭和の日(しょうわのひ) / 

春の動物

三春の動物

浅蜊(あさり) / 虻(あぶ) / 磯巾着(いそぎんちゃく) / 鷽(うそ) / 蛙(かえる) / 亀鳴く(かめなく) / 烏貝(からすがい) / 鴉の巣(からすのす) / 細螺(きさご) / 雉(きじ) / 小綬鶏(こじゅけい) / 囀(さえずり) / 桜貝(さくらがい) / 栄螺(さざえ) / 望潮(しおまねき) / 蜆(しじみ) / 雀の巣(すずめのす) / 巣箱(すばこ) / 田螺(たにし) / 蝶(ちょう) / 燕の巣(つばめのす) / 鳥貝(とりがい) / 鳥盛る(とりさかる) / 鳥の巣(とりのす) / 蜷(にな) / 蜂(はち) / 蛤(はまぐり) / 春の鹿(はるのしか) / 春の鳥(はるのとり) / 雲雀(ひばり) / 諸子(もろこ) / 鮠(はや) / 赤貝(あかがい) / 赤鬚(あかひげ) / 板屋貝(いたやがい) / 鵲の巣(かささぎのす) / 河烏(かわがらす) / 河原鶸(かわらひわ) / 狐の子(きつねのこ) / 獣交尾む(けものつるむ) / 宝貝(たからがい) / ごんずい(ごんずい) / 鷺の巣(さぎのす) / 簾貝(すだれがい) / 鷹の巣(たかのす) / 千鳥の巣(ちどりのす) / 月日貝(つきひがい) / 鶴の巣(つるのす) / 常節(とこぶし) / 鳶の巣(とびのす) / 馬珂貝(ばかがい) / 鳩の巣(はとのす) / 花鳥(かちょう) / 春の啄木鳥(はるのきつつき) / 春の鷦鷯(はるのみそさざい) / 春の鵙(はるのもず) / 姥貝(うばがい) / 海松食貝(みるくいがい) / めじ鮪(めじまぐろ) / 眼張(めばる) / 百千鳥(ももちどり) / 鷲の巣(わしのす) / 黄鯝魚(わたか) / 海豹(あざらし) / 春鰯(はるいわし) / 黄鯛(きだい) / 貽貝(いがい) / 鱵(さより) / 人手(ひとで) / 

初春の動物

飯蛸(いいだこ) / 鶯(うぐいす) / 白魚(しらうお) / 春の蠅(はるのはえ) / 雪虫(ゆきむし) / 公魚(わかさぎ) / 千魚(ちか) / 鮒の巣離れ(ふなのすばなれ) / 

仲春の動物

帰る雁(かえるかり) / 子持鯊(こもちはぜ) / 地虫穴を出る(じむしあなをでる) / 蟻穴を出る(ありあなをでる) / 燕(つばめ) / 鳥帰る(とりかえる) / 鳥雲に入る(とりくもにいる) / 猫の恋(ねこのこい) / 白鳥帰る(はくちょうかえる) / 孕雀(はらみすずめ) / 引鴨(ひきがも) / 引鶴(ひきづる) / 蛇穴を出る(へびあなをでる) / 馬蛤貝(まてがい) / 海猫渡る(うみねこわたる) / 熊穴を出る(くまあなをでる) / 小山帰(こやまがえり) / 棹姫鷹(さおひめだか) / 蜥蜴穴を出る(とかげあなをでる) / 彼岸河豚(ひがんふぐ) / 蟇穴を出る(ひきあなをでる) / 雪代山女(ゆきしろやまめ) / 

晩春の動物

鮊子(いかなご) / 岩燕(いわつばめ) / 魚島(うおじま) / 海胆(うに) / 落し角(おとしづの) / 蚕(かいこ) / お玉杓子(おたまじゃくし) / 桜鯛(さくらだい) / 鰆(さわら) / 雀の子(すずめのこ) / 鰊(にしん) / 猫の子(ねこのこ) / 乗込鮒(のっこみぶな) / 蠅生れる(はえうまれる) / 花烏賊(はないか) / 春の馬(はるのうま) / 馬の子(うまのこ) / 春の蚊(はるのか) / 春の雁(はるのかり) / 春の鴨(はるのかも) / 春の鶴(はるのつる) / 抱卵期(ほうらんき) / 頬白(ほおじろ) / 蛍烏賊(ほたるいか) / 鱒(ます) / 麦鶉(むぎうずら) / 鯥五郎(むつごろう) / 宿借(やどかり) / 若鮎(わかあゆ) / 鳥屋際(とやぎわ) / 菜種河豚(なたねふぐ) / 浮鯛(うきだい) / 銀宝(ぎんぽ) / 戻り鴫(もどりしぎ) / 呼子鳥(よぶこどり) / 桜蝦(さくらえび) / 子持鮒(こもちぶな) / 山椒喰(さんしょうくい) / 鶯の巣(うぐいすのす) / 雉の巣(きじのす) / 仙台虫喰(せんだいむしくい) / 菜の花蝶に化す(なのはなちょうにかす) / 花見虱(はなみじらみ) / 春の蚤(はるののみ) / 鰉(ひがい) / 藪雨(やぶさめ) / 春蝉(はるぜみ) / 桜鰄(さくらうぐい) / 

春の植物

三春の植物

石蓴(あおさ) / 青麦(あおむぎ) / 海髪(おごのり) / 搗布(かじめ) / 芥菜(からしな) / 木の芽(このめ) / 春菊(しゅんぎく) / 沈丁花(じんちょうげ) / 菫(すみれ) / 芹(せり) / 薇(ぜんまい) / 萵苣(ちしゃ) / 角叉(つのまた) / 薺の花(なずなのはな) / 春の草(はるのくさ) / 鹿尾菜(ひじき) / 浜防風(はまぼうふう) / みつば(みつば) / 海雲(もずく) / 蓬(よもぎ) / 若布(わかめ) / 青海苔(あおのり) / 伊予柑(いよかん) / 漆草(うるしぐさ) / 牡蒿(おとこよもぎ) / 樺海苔(かばのり) / クレソン(くれそん) / 黒海苔(くろのり) / 黒布(くろめ) / 桜海苔(さくらのり) / 三宝柑(さんぼうかん) / 鶏冠菜(とさかのり) / 八朔柑(はっさくかん) / 春椎茸(はるしいたけ) / 春菜(はるな) / 春の苺(はるのいちご) / 春の蜜柑(はるのみかん) / へご(へご) / 海松(みる) / 紫蘇の芽(しそのめ) / 蓼の芽(たでのめ) / 松海苔(まつのり) / 草の芽(くさのめ) / 東一華(あずまいちげ) / 花韮(はなにら) / 

初春の植物

犬ふぐり(いぬふぐり) / 黄梅(おうばい) / 片栗の花(かたくりのはな) / クロッカス(くろっかす) / 下萌(したもえ) / 末黒の芒(すぐろのすすき) / 椿(つばき) / 嫩芽(どんが) / 韮(にら) / 猫柳(ねこやなぎ) / 薔薇の芽(ばらのめ) / 蘖(ひこばえ) / 蕗の薹(ふきのとう) / 古草(ふるくさ) / 牡丹の芽(ぼたんのめ) / 金縷梅(まんさく) / 水菜(みずな) / 桃の花(もものはな) / 雪割草(ゆきわりそう) / 蕨(わらび) / 蕨狩(わらびがり) / 鬼縛の花(おにしばりのはな) / 桔梗の芽(ききょうのめ) / 塌菜(たあさい) / 烏芋(くろぐわい) / 黒文字の花(くろもじのはな) / 桜島大根(さくらじまだいこん) / 羊歯萌える(しだもえる) / 節分草(せつぶんそう) / ちゃるめる草(ちゃるめるそう) / 松雪草(まつゆきそう) / 水灌菜(みずかけな) / 菊苦菜(きくにがな) / 慈姑(くわい) / 鶯菜(うぐいすな) / 梅(うめ) / 山茱萸の花(さんしゅゆのはな) / 雛菊(ひなぎく) / ミモザ(みもざ) / 

仲春の植物

胡葱(あさつき) / 蘆の角(あしのつの) / 虎杖(いたどり) / 五加木(うこぎ) / 楓の芽(かえでのめ) / 菊の若葉(きくのわかば) / 黄水仙(きずいせん) / 木五倍子(きぶし) / 枸杞の芽(くこのめ) / 桑(くわ) / 蓮華草(れんげそう) / 辛夷(こぶし) / 初桜(はつざくら) / 三月菜(さんがつな) / 山椒の芽(さんしょうのめ) / 枝垂桜(しだれざくら) / 春蘭(しゅんらん) / 楤の芽(たらのめ) / 蒲公英(たんぽぽ) / 桃色蒲公英(ももいろたんぽぽ) / 土筆(つくし) / 蔦の芽(つたのめ) / 土佐水木(とさみずき) / 蒜(にんにく) / 野蒜(のびる) / 蓴生う(ぬなわおう) / ネクタリン(ねくたりん) / 繁縷(はこべ) / 大紫羅欄花(おおあらせいとう) / 春キャベツ(はるきゃべつ) / 春大根(はるだいこん) / 榛の花(はんのはな) / 彼岸桜(ひがんざくら) / 一人静(ひとりしずか) / 真菰の芽(まこものめ) / 水草生う(みずくさおう) / 三椏の花(みつまたのはな) / 木蓮(もくれん) / ものの芽(もののめ) / 山鳴らし(やまならし) / 柳の芽(やなぎのめ) / 雪柳(ゆきやなぎ) / 嫁菜(よめな) / 柳絮(りゅうじょ) / 連翹(れんぎょう) / 海老根(えびね) / 黄連(おうれん) / 雉蓆(きじむしろ) / 枸杞(くこ) / 君子蘭(くんしらん) / けしの若葉(けしのわかば) / 小水葱(こなぎ) / 四月大根(しがつだいこん) / 苗代茱萸(なわしろぐみ) / 貝母の花(ばいものはな) / 花簪(はなかんざし) / 姫踊子草(ひめおどりこそう) / 房咲水仙(ふさざきすいせん) / 双葉(ふたば) / 松菜(まつな) / 楊梅の花(やまもものはな) / 喇叭水仙(らっぱずいせん) / 令法(りょうぶ) / 若紫(わかむらさき) / 分葱(わけぎ) / アザレア(あざれあ) / 荻の角(おぎのつの) / 萍生い初める(うきくさおいそめる) / 花の蕾(はなのつぼみ) / 根芋(ねいも) / 

晩春の植物

青木の花(あおきのはな) / 通草の花(あけびのはな) / 薊(あざみ) / 明日葉(あしたば) / 蘆の若葉(あしのわかば) / 馬酔木の花(あせびのはな) / アスパラガス(あすぱらがす) / 東菊(あずまぎく) / アネモネ(あねもね) / 杏の花(あんずのはな) / 苺の花(いちごのはな) / 銀杏の花(いちょうのはな) / 一輪草(いちりんそう) / 独活(うど) / 苜蓿(うまごやし) / 豌豆の花(えんどうのはな) / スイートピー(すいーとぴー) / 桜桃の花(おうとうのはな) / 小賀玉の花(おがたまのはな) / オキザリス(おきざりす) / 翁草(おきなぐさ) / 遅桜(おそざくら) / 海棠(かいどう) / 楓の花(かえでのはな) / 狐の牡丹(きつねのぼたん) / 樫の花(かしのはな) / 髢草(かもじぐさ) / 枸橘の花(からたちのはな) / 木苺の花(きいちごのはな) / 金盞花(きんせんか) / 長春花(ちょうしゅんか) / 金鳳花(きんぽうげ) / 茎立(くくたち) / 草若葉(くさわかば) / 桑の花(くわのはな) / 華鬘草(けまんそう) / 小手毬(こでまり) / シネラリア(しねらりあ) / 桜(さくら) / 山桜(やまざくら) / 千本桜(せんぼんざくら) / 朝桜(あさざくら) / 家桜(いえざくら) / 花の名残(はなのなごり) / 花(はな) / 桜蘂降る(さくらしべふる) / 桜草(さくらそう) / 座禅草(ざぜんそう) / 残花(ざんか) / 猿捕茨の花(さるとりいばらのはな) / 樒の花(しきみのはな) / シクラメン(しくらめん) / 草木瓜(くさぼけ) / 芝桜(しばざくら) / 白樺の花(しらかばのはな) / 杉菜(すぎな) / 杉の花(すぎのはな) / 鈴懸の花(すずかけのはな) / 李の花(すもものはな) / 蚕豆の花(そらまめのはな) / 大根の花(だいこんのはな) / 竹の秋(たけのあき) / 父子草(ちちこぐさ) / チューリップ(ちゅーりっぷ) / 黄楊の花(つげのはな) / 蔦若葉(つたわかば) / 躑躅(つつじ) / 満天星の花(どうだんのはな) / 梨の花(なしのはな) / 菜の花(なのはな) / 接骨木の花(にわとこのはな) / 葱坊主(ねぎぼうず) / 捩菖蒲(ねじあやめ) / 紫荊(はなずおう) / 母子草(ははこぐさ) / 春の落葉(はるのおちば) / 春の筍(はるのたけのこ) / 春竜胆(はるりんどう) / 稚児百合(ちごゆり) / ヒヤシンス(ひやしんす) / 藤(ふじ) / 二人静(ふたりしずか) / フリージア(ふりーじあ) / ヘリオトロープ(へりおとろーぷ) / 木瓜の花(ぼけのはな) / 松の花(まつのはな) / 蝮草(まむしぐさ) / 都忘れ(みやこわすれ) / 茗荷竹(みょうがだけ) / 葎若葉(むぐらわかば) / 郁子の花(むべのはな) / 八重桜(やえざくら) / 柳(やなぎ) / 山吹(やまぶき) / 山吹草(やまぶきそう) / 山桜桃の花(ゆすらのはな) / ライラック(らいらっく) / 落花(らっか) / 花筏(はないかだ) / 林檎の花(りんごのはな) / 若草(わかくさ) / 若芝(わかしば) / 若緑(わかみどり) / 山葵(わさび) / 勿忘草(わすれなぐさ) / 雀の帷子(すずめのかたびら) / 大葉種漬花(おおばたねつけばな) / 浜簪(はまかんざし) / 梓の花(あずさのはな) / 甘菜(あまな) / ストック(すとっく) / 荒布(あらめ) / 錨草(いかりそう) / イキシア(いきしあ) / 蚊母樹の花(いすのきのはな) / 一位の花(いちいのはな) / 岩梨の花(いわなしのはな) / エリカ(えりか) / 扇葛(おうぎかずら) / 荻の若葉(おぎのわかば) / 垣通(かきどおし) / 数の子草(かずのこぐさ) / 鉄引草(かなびきそう) / 榧の花(かやのはな) / 川萵苣(かわぢしゃ) / 狐薊(きつねあざみ) / 金蘭(きんらん) / 銀蘭(ぎんらん) / 茎立菜(くきたちな) / 口紅水仙(くちべにずいせん) / 熊谷草(くまがいそう) / 楮の花(こうぞのはな) / 苔龍胆(こけりんどう) / 鷺苔(さぎごけ) / 山椒の花(さんしょうのはな) / 十二単(じゅうにひとえ) / 猩々袴(しょうじょうばかま) / 雀隠れ(すずめがくれ) / 雀の鉄砲(すずめのてっぽう) / スノーフレーク(すのーふれーく) / 仙台萩(せんだいはぎ) / 田芥子(たがらし) / 種漬花(たねつけばな) / 天南星の花(てんなんしょうのはな) / 二輪草(にりんそう) / 郁李の花(にわうめのはな) / 野漆(のうるし) / 野大根(のだいこん) / 蚤の衾(のみのふすま) / 旗竿の花(はたざおのはな) / 巴旦杏の花(はたんきょうのはな) / 浜大根の花(はまだいこんのはな) / 春蓼(はるたで) / 蛙の傘(ひきのかさ) / 柃の花(ひさかきのはな) / 姫烏頭(ひめうず) / 姫萩(ひめはぎ) / 榲桲の花(まるめろのはな) / 耳菜草(みみなぐさ) / 虫狩の花(むしかりのはな) / 群雀(むれすずめ) / 山梨の花(やまなしのはな) / 羅生門蔓(らしょうもんかずら) / ロベリア(ろべりあ) / 瑠璃草(るりそう) / 鶯神楽(うぐいすかぐら) / 燈台草(とうだいぐさ) / 榠樝の花(かりんのはな) / 花輪菊(はなわぎく) / 葛若葉(くずわかば) / 富貴草(ふっきそう) / 苧環(おだまき) / 松露(しょうろ) / 水木の花(みずきのはな) / 高菜(たかな) / 浦島草(うらしまそう) / 石櫧の花(いちいがしのはな) / マルメロの花(まるめろのはな) / 金瘡小草(きらんそう) / 猫眼草(ねこのめそう) / 非榊の花(ひかさきのはな) / 酸葉(すいば) / 山楂子の花(さんざしのはな) /

 

ほかの季節の季語一覧

春の季語一覧
夏の季語一覧
秋の季語一覧
冬の季語一覧
新年の季語一覧

季語を深く理解できる本

春夏秋冬+新年の季語が、合計24000語収録
すべての季語に意味が書かれています
今まで知らなかった季語を知るだけで、普段の生活がワクワクするものになります
俳句をやっている人であれば、季語の選択肢が増えて、いま以上に良い俳句が作れるようになるはずです

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E6%98%A5%E3%81%AE%E8%A1%A8%E7%B4%99.jpg画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E5%A4%8F%E3%81%AE%E8%A1%A8%E7%B4%991.jpg画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E7%94%BB%E5%83%8F1.jpg画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E5%86%AC%E3%81%AE%E8%A1%A8%E7%B4%991.jpg画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: E6960E5B9B4E381AEE8A1A8E7B4991.jpg
四季を語る季語
~美しい日本の四季のことば~

KindleUnlimited会員の方は無料で読むことができます
30日は無料体験ができるので、試しに会員登録をして読んでみてもいいと思います
会員登録はこちら >>>

季語季語一覧
木幡 忠文をフォローする
タイトルとURLをコピーしました