秋の季語一覧

秋の主要な季語を一覧にしています、俳句を作る際の参考になさってください。
動詞の季語は、誰にでも分かるように現代語で書いています。古語での季語は、記事最後に紹介している本に掲載されています。

本ページはリンクフリーですが、ページ内のコピーは個人利用でも禁止です。

秋の時候

三秋の時候

秋(あき) / 秋麗(あきうらら) / 秋澄む(あきすむ) / 秋の朝(あきのあさ) / 秋の暮(あきのくれ) / 秋の昼(あきのひる) / 秋の夜(あきのよ) / 秋気(しゅうき) / 身に染みる(みにしみる) / 秋旱(あきひでり) / 律の調べ(りちのしらべ) / 爽やか(さわやか) / 

初秋の時候

秋めく(あきめく) / 残暑(ざんしょ) / 新涼(しんりょう) / 八月(はちがつ) / 初秋(はつあき) / 文月(ふづき) / 八月尽(はちがつじん) / 

仲秋の時候

九月(くがつ) / 秋冷(しゅうれい) / 仲秋(ちゅうしゅう) / 葉月(はづき) / 八朔(はっさく) / 夜長(よなが) / 秋社(しゅうしゃ) / かりがね寒い(かりがねさむい) / 龍淵に潜む(りゅうふちにひそむ) / 二百十日(にひゃくとおか) / 九月尽(くがつじん) / 長月尽(ながつきじん) / 

晩秋の時候

秋惜しむ(あきおしむ) / 秋寒い(あきさむい) / 秋深い(あきふかい) / 朝寒(あささむ) / 長月(ながつき) / 十月尽(じゅうがつじん) / 秋尽きる(あきつきる) / 暮の秋(くれのあき) / 十月(じゅうがつ) / 冷まじ(すさまじ) / そぞろ寒(そぞろさむ) / 肌寒(はださむ) / 晩秋(ばんしゅう) / 冬近い(ふゆちかい) / 漸寒(ややさむ) / 行く秋(ゆくあき) / 夜寒(よさむ) / 秋土用(あきどよう) / 

秋の天文

三秋の天文

秋高い(あきたかい) / 秋の声(あきのこえ) / 秋の空(あきのそら) / 秋晴(あきばれ) / 稲妻(いなずま) / 霧(きり) / 竜田姫(たつたひめ) / 露(つゆ) / 釣瓶落し(つるべおとし) / 秋曇(あきぐもり) / 秋の色(あきのいろ) / 秋の霞(あきのかすみ) / 秋湿(あきじめり) / 

初秋の天文

 

仲秋の天文

宵闇(よいやみ) / 良夜(りょうや) / 

晩秋の天文

秋の霜(あきのしも) / 露寒(つゆさむ) / 

秋の地理

三秋の地理

秋の海(あきのうみ) / 秋の川(あきのかわ) / 秋の潮(あきのしお) / 秋の野(あきのの) / 秋の水(あきのみず) / 秋の山(あきのやま) / 花野(はなの) / 水澄む(みずすむ) / 秋園(しゅうえん) / 秋の狩場(あきのかりば) / 秋の湖(あきのうみ) / 秋の池(あきのいけ) / 秋の土(あきのつち) / 秋の沼(あきのぬま) / 花畠(はなばたけ) / 

初秋の地理

秋出水(あきでみず) / 盆波(ぼんなみ) / 

仲秋の地理

秋の田(あきのた) / 落し水(おとしみず) / 不知火(しらぬい) / 初潮(はつしお) / 高潮(たかしお) / 

晩秋の地理

刈田(かりた) / 穭田(ひつじだ) / 野山の錦(のやまのにしき) / 野山の色(のやまのいろ) / 枯野の色(かれののいろ) / 

秋の生活

三秋の生活

秋の着物(あきのきもの) / 秋の灯(あきのひ) / 鰯引く(いわしひく) / 運動会(うんどうかい) / 枝豆(えだまめ) / 案山子(かかし) / 鹿火屋(かびや) / 砧(きぬた) / 牛蒡引く(ごぼうひく) / 鹿垣(ししがき) / 秋耕(しゅうこう) / 秋思(しゅうし) / 秋意(しゅうい) / 新米(しんまい) / 添水(そうず) / 燈火親しむ(とうかしたしむ) / 鳥威し(とりおどし) / 鳴子(なるこ) / 虫売(むしうり) / 夜食(やしょく) / 綿取(わたとり) / 秋の服(あきのふく) / 鱸膾(すずきなます) / 裂膾(さきなます) / 秋の宿(あきのやど) / 田守(たもり) / 新絹(しんぎぬ) / 烏賊干す(いかほす) / 虫籠(むしかご) / 秋の野遊び(あきののあそび) / 秋興(しゅうきょう) / 秋渇き(あきがわき) / 秋の大掃除(あきのおおそうじ) / 鶉合(うずらあわせ) / 鰻簗(うなぎやな) / 尾花の粥(おばなのかゆ) / 鎌帛(かましめ) / 雁の使(かりのつかい) / 後の二日灸(のちのふつかきゅう) / 美術展覧会(びじゅつてんらんかい) / 虫選(むしえらび) / 鵙落し(もずおとし) / 焼帛(やきしめ) / 猿酒(さるざけ) / 温麦(ぬるむぎ) / 夜学(やがく) / 

初秋の生活

秋扇(あきおうぎ) / 秋の蚊帳(あきのかや) / 蓮飯(はすめし) / 苧殻(おがら) / 踊(おどり) / 踊笠(おどりがさ) / 面輪板(おもわいた) / 梶の葉(かじのは) / 秋田竿燈まつり(あきたかんとうまつり) / 衣被(きぬかずき) / 休暇明(きゅうかあけ) / 草の市(くさのいち) / 山椒売(さんしょううり) / 終戦記念日(しゅうせんきねんび) / 震災記念日(しんさいきねんび) / 硯洗(すずりあらい) / 相撲(すもう) / 七夕祭(たなばたまつり) / 七種の御手向(しちしゅのおんたむけ) / 二星(にせい) / 牽牛星(けんぎゅうせい) / 織女星(しょくじょせい) / 七姫(ななひめ) / 鵲の橋(かささぎのはし) / 梶鞠(かじまり) / 中元(ちゅうげん) / 灯籠(とうろう) / 鳩吹(はとふき) / 盆休み(ぼんやすみ) / 盆用意(ぼんようい) / 真菰の馬(まこものうま) / 秋日傘(あきひがさ) / 小鷹狩(こたかがり) / 豇豆飯(ささげめし) / 鷹打(たかうち) / 妻迎舟(つまむかえぶね) / 庭木刈る(にわきかる) / 庭の立琴(にわのたてこと) / 八月大名(はちがつだいみょう) / 花火(はなび) / 星合(ほしあい) / 盆竈(ぼんがま) / 盆の掛乞(ぼんのかけごい) / 盆花(ぼんばな) / 盆路(ぼんみち) / 廻り灯籠(まわりどうろう) / 焼米(やきごめ) / 岐阜提灯(ぎふぢょうちん) / 残暑見舞(ざんしょみまい) / 

仲秋の生活

赤い羽根(あかいはね) / 秋袷(あきあわせ) / 鎌祝(かまいわい) / 秋蚕(あきご) / 秋簾(あきすだれ) / 秋蒔(あきまき) / 稲扱(いねこき) / 萱刈る(かやかる) / 凶作(きょうさく) / 薬掘る(くすりほる) / 下り梁(くだりやな) / 敬老の日(けいろうのひ) / 渋取(しぶとり) / 秋分の日(しゅうぶんのひ) / 障子洗う(しょうじあらう) / 新藁(しんわら) / 月見(つきみ) / 木賊刈る(とくさかる) / 稲架(はさ) / 八朔の祝(はっさくのいわい) / 八朔の節句(はっさくのせっく) / 豊年(ほうねん) / 籾(もみ) / 葡萄酒醸す(ぶどうしゅかもす) / 葭戸仕舞う(よしどしまう) / 粟刈る(あわかる) / 草花秋蒔く(くさばなあきまく) / 芍薬の株分(しゃくやくのかぶわけ) / 氷頭膾(ひずなます) / 胡麻刈る(ごまかる) / 鮞(はららご) / 草泊(くさどまり) / 竹伐る(たけきる) / 鯷漬(ひしこづけ) / 簟名残(たかむしろなごり) / 糸瓜の水取る(へちまのみずとる) / 鹿狩(しかがり) / 行水名残(ぎょうずいなごり) / とんぶり(とんぶり) / 秋の鵜飼(あきのうかい) / 秋のセル(あきのせる) / 秋の虫送り(あきのむしおくり) / 苺の株分(いちごのかぶわけ) / 馬市(うまいち) / 豌豆植える(えんどううえる) / 蚊帳に雁を描く(かやにかりをえがく) / 鴫の羽盛(しぎのはもり) / 蜾蠃追(すがれおい) / 木菟引(ずくひき) / 鱸釣る(すずきつる) / 大豆干す(だいずほす) / 御名残狂言(おなごりきょうげん) / 後の出代(のちのでがわり) / 袋洗(ふくろあらい) / 豆引く(まめひく) / 薯蕷掘る(やまのいもほる) / 夜蛤(よはまぐり) / 牡丹の株分(ぼたんのかぶわけ) / 濁り酒(にごりざけ) / 根釣(ねづり) / 

晩秋の生活

秋収(あきおさめ) / 葦刈(あしかり) / 温め酒(あたためざけ) / 稲刈(いねかり) / 芋煮会(いもにかい) / 囮(おとり) / 菊膾(きくなます) / 菊人形(きくにんぎょう) / 葛掘る(くずほる) / 崩れ梁(くずれやな) / 栗飯(くりめし) / 芸術祭(げいじゅつさい) / 古酒(ふるざけ) / 小鳥狩(ことりがり) / 鹿の角切(しかのつのきり) / 地芝居(じしばい) / 新酒(しんしゅ) / 新蕎麦(しんそば) / 新豆腐(しんとうふ) / 藁麦刈(そばかり) / スポーツの日(すぽーつのひ) / 高きに登る(たかきにのぼる) / 茸狩(きのこがり) / 種採(たねとり) / 重陽(ちょうよう) / 菊枕(きくまくら) / 菊展(きくてん) / 菊合(きくあわせ) / 菊襲(きくがさね) / 薯蕷汁(とろろじる) / 貝独楽(ばいごま) / 萩刈る(はぎかる) / 櫨ちぎり(はぜちぎり) / 冬支度(ふゆじたく) / 風炉の名残(ふろのなごり) / 文化の日(ぶんかのひ) / 松茸飯(まつたけめし) / 松手入(まつていれ) / 零余子飯(むかごめし) / 紅葉狩(もみじがり) / 柚味噌(ゆみそ) / 夜なべ(よなべ) / 栗羊羹(くりようかん) / 苦参引く(くららひく) / 菱取る(ひしとる) / 冬仕度(ふゆじたく) / 秋の炉(あきのろ) / 雁瘡(がんがさ) / 栗の子餅(くりのこもち) / 新綿(しんわた) / 蔓たぐり(つるたぐり) / 網代打(あじろうち) / 桑括る(くわくくる) / 夜庭(よにわ) / 鱲子(からすみ) / 柿羊羹(かきようかん) / 搗栗作る(かちぐりつくる) / 鱁鮧(うるか) / 柚餅子(ゆべし) / 俵編(たわらあみ) / 浅漬大根(あさづけだいこん) / 新麹(しんこうじ) / 火恋しい(ひこいしい) / 橡餅(とちもち) / 牧閉す(まきとざす) / 鰯の黒漬(いわしのくろづけ) / 芥子漬製する(からしづけせいする) / 球根秋植える(きゅうこんあきうえる) / 九日小袖(くにちこそで) / 茱萸の酒(ぐみのさけ) / 茱萸の袋(ぐみのふくろ) / 椎柴(しいしば) / 杉焼(すぎやき) / 蚕豆植える(そらまめうえる) / 後の更衣(のちのころもがえ) / 後の雛(のちのひな) / 松前帰る(まつまえかえる) / 柚醤(ゆびしお) / 鯊釣(はぜつり) / 中稲(なかて) / 干柿(ほしがき) / 藁塚(わらづか) / 

秋の行事

三秋の行事

秋遍路(あきへんろ) / 秋祭(あきまつり) / 

初秋の行事

生身魂(いきみたま) / 盂蘭盆会(うらぼんえ) / おわら風の盆(おわらかぜのぼん) / 門火(かどび) / 解夏(げげ) / 地蔵盆(じぞうぼん) / 施餓鬼会(せがきえ) / 京都五山送り火(きょうとござんおくりび) / 燈籠流し(とうろうながし) / 墓参(はかまいり) / 猪俣の百八燈(いのまたのひゃくはっとう) / 百八炬(ひゃくはったい) / 盆狂言(ぼんきょうげん) / 吉田火祭(よしだひまつり) / 六斎念仏(ろくさいねんぶつ) / 六道参(ろくどうまいり) / 愛宕火(あたごび) / 鹿島祭(かしままつり) / 釜蓋朔日(かまぶたついたち) / 北野煤払(きたのすすはらい) / 北野御手水(きたのみちょうず) / 北野祭(きたのまつり) / 乞巧奠(きこうでん) / 逆の峯入(ぎゃくのみねいり) / 経木流(きょうぎながし) / 清水千日詣(きよみずせんにちもうで) / 刺鯖(さしさば) / 精霊火(しょうりょうび) / 水灯会(すいとうえ) / 数方庭祭(すほうていまつり) / 相撲の節(すもうのせち) / 摂待(せったい) / 薪寺の虫干(たきぎでらのむしぼし) / 玉取祭(たまとりまつり) / 竹生島祭(ちくぶしままつり) / 衝突入(つといり) / 戸隠祭(とがくしまつり) / 七日の御節供(なぬかのおんせちく) / 七日盆(なぬかぼん) / 新綿の奏(にいわたのそう) / 楸の葉を戴く(ひさぎのはをいただく) / 聖母聖心祭(せいぼせいしんさい) / 被昇天祭(ひしょうてんさい) / 深川祭(ふかがわまつり) / 奉灯会(ほうとうえ) / 星の薫物(ほしのたきもの) / 本願寺籠花(ほんがんじかごはな) / 盆綱引(ぼんつなひき) / 三井寺女詣(みいでらおんなもうで) / 御射山祭(みさやままつり) / 三島大祭(みしまおおまつり) / 祐天寺千部(ゆうてんじせんぶ) / 蘭盆勝会(らんぼんしょうえ) / 原爆忌(げんばくき) / 佞武多(ねぶた) / 大寺祭(おおでらまつり) / 王子権現祭(おうじごんげんさい) / 懸踊(かけおどり) / 

仲秋の行事

秋彼岸(あきひがん) / 芝神明祭(しばしんめいまつり) / 八幡放生会(やわたほうじょうえ) / 鶴岡祭(つるおかまつり) / 筥崎祭(はこざきまつり) / 天使祭(てんしさい) / 牡丹餅会式(ぼたもちえしき) / 秋の駒牽(あきのこまびき) / 宇佐放生会(うさほうじょうえ) / 泣角力(なきずもう) / 毛見(けみ) / 太宰府祭(だざいふまつり) / 聖母生誕祭(せいぼせいたんさい) / 愁思祭(しゅうしさい) / 北野芋茎祭(きたのずいきまつり) / 十字架祭(じゅうじかさい) / 円珍・乃木まつり(えんちん・のぎまつり) / 聖ミカエル祭(せいみかえるさい) / 司召の除目(つかさめしのじもく) / 秋の釈奠(あきのせきてん) / 秋季皇霊祭(しゅうきこうれいさい) / 大鳥祭(おおとりまつり) / 気比祭(けひまつり) / 定考(こうじょう) / 豊国神社例祭(とよくにじんじゃれいさい) / 二十六夜待(にじゅうろくやまち) / 野口大念仏会(のぐちだいねんぶつえ) / 日前國懸祭(ひのくまくにかかすのまつり) / 穂懸(ほかけ) / 菩薩祭(ぼさつまつり) / 松尾神事相撲(まつのおしんじすもう) / 吉野祭(よしのまつり) / 楽車祭(だんじりまつり) / 

晩秋の行事

くんち(くんち) / 太秦の牛祭(うずまさのうしまつり) / 鞍馬の火祭(くらまのひまつり) / 時代祭(じだいまつり) / 万聖節(ばんせいせつ) / 大津祭(おおつまつり) / 宝の市神事(たからのいちしんじ) / 不堪佃田の奏(ふかんでんでんのそう) / 金刀比羅祭(こんぴらまつり) / 穴織祭(あやはまつり) / 岩倉祭(いわくらまつり) / 諸霊祭(しょれいさい) / 伊勢御遷宮(いせごせんぐう) / ロザリオ祭(ろざりおさい) / 正倉院曝涼(しょうそういんばくりょう) / 城南祭(じょうなんまつり) / 国民体育大会(こくみんたいいくたいかい) / 丹生川上祭(にうかわかみまつり) / 例幣(れいへい) / 神嘗祭(かんなめさい) / 御会式(おえしき) / 秋の御灯(あきのごとう) / 阿濃津八幡祭(あのつはちまんまつり) / 粟田神社祭(あわたじんじゃまつり) / 石上祭(いそのかみまつり) / 大神神社祭(おおみわじんじゃまつり) / 岡崎祭(おかざきまつり) / 伎芸天慶讃法要(ぎげいてんけいさんほうよう) / 貴船の狭小神輿(きぶねのささみこし) / 御香宮神幸祭(ごこうのみやしんこうさい) / 皇后誕生日(こうごうたんじょうび) / 木幡祭(こはたまつり) / 春日祭(かすがまつり) / 逆髪祭(さかがみまつり) / 白川祭(しらかわまつり) / 新宮御船祭(しんぐうみふねまつり) / 住吉の神送(すみよしのかみおくり) / 聖体行列(せいたいぎょうれつ) / 泉涌寺舎利会(せんにゅうじしゃりえ) / 天王寺一乗会(てんのうじいちじょうえ) / 天満流鏑馬(てんまんやぶさめ) / 鳴滝祭(なるたきまつり) / 野の宮の別(ののみやのわかれ) / 八幡花の頭(やわたはなのとう) / 氷魚を賜う(ひおをたまう) / 伏見三栖祭(ふしみみすまつり) / 法隆寺夢殿秘仏開扉(ほうりゅうじゆめどのひぶつかいひ) / 宮崎祭(みやざきまつり) / 明恵上人献茶式(みょうえしょうにんけんちゃしき) / 靖国神社秋季大祭(やすくにじんじゃしゅうきたいさい) / 淀祭(よどまつり) / 御取越(おとりこし) / 神送り(かみおくり) / 菊供養(きくくよう) / 豊年ほぜ祭(ほうねんほぜまつり) / 山鹿灯籠祭(やまがとうろうまつり) / 道灌祭(どうかんまつり) / 

秋の動物

三秋の動物

赤蜻蛉(あかとんぼ) / 秋鯖(あきさば) / 秋の蝶(あきのちょう) / 秋の蠅(あきのはえ) / 秋の蜂(あきのはち) / 秋繭(あきまゆ) / 稲雀(いなすずめ) / 色鳥(いろどり) / 鰯(いわし) / 鶉(うずら) / 馬肥える(うまこえる) / 浮塵子(うんか) / 落鮎(おちあゆ) / 鰍(かじか) / 石斑魚(うぐい) / 啄木鳥(きつつき) / 螻蛄鳴く(けらなく) / 蟋蟀(こおろぎ) / 鹿(しか) / 鴫(しぎ) / 鶺鴒(せきれい) / 鯊(はぜ) / 蓑虫(みのむし) / 蚯蚓鳴く(みみずなく) / 椋鳥(むくどり) / 虫(むし) / 鵙(もず) / 渡り鳥(わたりどり) / 小鷹(こたか) / 交喙鳥(いすか) / 入内雀(にゅうないすずめ) / 鵲(かささぎ) / 江鮭(あめのうお) / 黄顙魚(ぎぎ) / 秋鰹(あきかつお) / 宗太鰹(そうだがつお) / 秋鯵(あきあじ) / 鮗(このしろ) / 片口鰯(かたくちいわし) / 稚鰤(わらさ) / 太刀魚(たちうお) / 横這(よこばい) / 破殻(われから) / 菊吸虫(きくすいむし) / 菜虫(なむし) / 稲負鳥(いなおおせどり) / ぎぎう(ぎぎう) / 鴇(とき) / 七節(ななふし) / 螻蛄(けら) / 蜻蛉(とんぼ) / 栗鼠(りす) / 雀の担桶(すずめのたご) / 鷹渡る(たかわたる) / 

初秋の動物

秋の蚊(あきのか) / 秋の蝉(あきのせみ) / 秋の蛍(あきのほたる) / 蝗(いなご) / 芋虫(いもむし) / 馬追虫(うまおいむし) / 浮鮴(うきごり) / 鉦叩(かねたたき) / 蟷螂(かまきり) / 邯鄲(かんたん) / 螽蟖(きりぎりす) / 草雲雀(くさひばり) / 轡虫(くつわむし) / 鈴虫(すずむし) / 茶立虫(ちゃたてむし) / 飛蝗(ばった) / 蜩(ひぐらし) / 放屁虫(へひりむし) / つくつく法師(つくつくぼうし) / 松虫(まつむし) / 仙入(せんにゅう) / 鷹の山別れ(たかのやまわかれ) / 別烏(わかれがらす) / 刺虫(いらむし) / 鷹の塒出(たかのとやで) / 鰹の烏帽子(かつおのえぼし) / 荒鷹(あらたか) / 針金虫(はりがねむし) / 

仲秋の動物

竃馬(かまどうま) / 懸巣(かけす) / 雁(かり) / 鮭(さけ) / 鱸(すずき) / 田雲雀(たひばり) / 燕帰る(つばめかえる) / 初鴨(はつかも) / 鵯(ひよどり) / 鰡(ぼら) / 小鳥(ことり) / 海猫帰る(ごめかえる) / 秋の蛙(あきのかわず) / 猿子鳥(ましこどり) / 尾越の鴨(おごしのかも) / 赤鯥(あかむつ) / 蛇穴に入る(へびあなにいる) / 

晩秋の動物

猪(いのしし) / 尾花蛸(おばなだこ) / 蜉蝣(かげろう) / 栗虫(くりむし) / 秋刀魚(さんま) / 鶫(つぐみ) / 鶴来たる(つるきたる) / 尉鶲(じょうびたき) / 紅葉鮒(もみじぶな) / 頭高(かしらだか) / 鴲(しめ) / 落鮒(おちぶな) / 蜂の子(はちのこ) / ひいらぎ(ひいらぎ) / 落鰻(おちうなぎ) / 連雀(れんじゃく) / 落かいず(おちかいず) / 花咲蟹(はなさきがに) / 落鯛(おちだい) / 木葉山女(このはやまめ) / 坂鳥(さかどり) / 獦子鳥(あとり) / 熊栗架を掻く(くまくりだなをかく) / 雪迎え(ゆきむかえ) / 菊戴(きくいただき) / 紅葉鱮(もみじたなご) / 鶸(ひわ) / 残る虫(のこるむし) / 

秋の植物

三秋の植物

青蜜柑(あおみかん) / 秋草(あきくさ) / 秋の七草(あきのななくさ) / 小豆(あずき) / 粟(あわ) / 牛膝(いのこずち) / 里芋(さといも) / 狗尾草(えのころぐさ) / 荻(おぎ) / 萱(かや) / カンナ(かんな) / 菊(きく) / 草の花(くさのはな) / 草の穂(くさのほ) / 草の実(くさのみ) / 葛(くず) / 鶏頭(けいとう) / 珊瑚樹の実(さんごじゅのみ) / 椎茸(しいたけ) / 山の芋(やまのいも) / 数珠玉(じゅずだま) / 生姜(しょうが) / 芒(すすき) / 蔦(つた) / 露草(つゆくさ) / 唐辛子(とうがらし) / 毒茸(どくきのこ) / 長薯(ながいも) / 梨(なし) / 葉鶏頭(はげいとう) / 初茸(はつたけ) / 糸瓜(へちま) / 弁慶草(べんけいそう) / 零余子(むかご) / 藪虱(やぶじらみ) / 藪人参(やぶにんじん) / 若煙草(わかたばこ) / 秋果(しゅうか) / 木天蓼(またたび) / 夜蒔胡瓜(よまききゅうり) / オクラ(おくら) / 仏掌薯(つくねいも) / 何首烏芋(かしゅういも) / 陸稲(おかぼ) / 白茅(ちがや) / 軒しのぶ(のきしのぶ) / 紅茸(べにたけ) / 猿の腰掛(さるのこしかけ) / 霊芝(れいし) / 川苔(かわのり) / 秋桑(あきくわ) / 雄日芝(おひしば) / 大角豆(ささげ) / 

初秋の植物

犬蓼(いぬたで) / 稲の花(いねのはな) / 隠元豆(いんげんまめ) / 鬱金の花(うこんのはな) / 男郎花(おとこえし) / 女郎花(おみなえし) / 桔梗(ききょう) / 桐の実(きりのみ) / 桐一葉(きりひとは) / 銀杏(いちょう) / 臭木の花(くさぎのはな) / 南五味子(さねかずら) / 葛の花(くずのはな) / 山椒の実(さんしょうのみ) / 馬鈴薯(じゃがいも) / 秋海棠(しゅうかいどう) / 蕎麦の花(そばのはな) / 大豆(だいず) / 蓼の花(たでのはな) / 煙草の花(たばこのはな) / 椿の実(つばきのみ) / 冬瓜(とうがん) / 刀豆(なたまめ) / 棗(なつめ) / 七竃(ななかまど) / 萩(はぎ) / 芭蕉(ばしょう) / 瓢(ふくべ) / 藤袴(ふじばかま) / 芙蓉(ふよう) / 鳳仙花(ほうせんか) / 鬼灯(ほおずき) / 木天蓼の実(またたびのみ) / 溝蕎麦(みぞそば) / 千屈菜(みそはぎ) / 茗荷の花(みょうがのはな) / 木槿(むくげ) / 郁子(むべ) / 目弾(めはじき) / 桃(もも) / 薮枯らし(やぶからし) / 夕顔の実(ゆうがおのみ) / 朝顔(あさがお) / 草牡丹(くさぼたん) / 模様莧(もようびゆ) / 釣鐘人参(つりがねにんじん) / 秋の芽(あきのめ) / ジンジャーの花(じんじゃーのはな) / 点突草(てんつきそう) / 金冬瓜(きんとうが) / 弟切草(おとぎりそう) / 茜草(あかねぐさ) / ホップ(ほっぷ) / 小水葱の花(こなぎのはな) / 楤の花(たらのはな) / 雀の稗(すずめのひえ) / 蔓紫(つるむらさき) / 沢桔梗(さわぎきょう) / 田村草(たむらそう) / 鼠の尾(ねずみのお) / 大文字草(だいもんじそう) / 山茱萸の実(さんしゅゆのみ) / 星草(ほしくさ) / 薄荷の花(はっかのはな) / 矢の根草(やのねぐさ) / 施覆花(おぐるま) / 鉄道草(てつどうぐさ) / 野稗(のびえ) / 葈耳の実(おなもみのみ) / 釣船草(つりふねそう) / 川芎の花(せんきゅうのはな) / 苔桃(こけもも) / 鳩麦(はとむぎ) / ぬめり草(ぬめりぐさ) / 仙翁花(せんのうげ) / 朝霧草(あさぎりそう) / 麻の実(あさのみ) / 岩蓮華(いわれんげ) / 鬼縛の実(おにしばりのみ) / 貝細工(かいざいく) / 帝王貝細工(かいざいく) / 蒲の絮(がまのわた) / サルビア(さるびあ) / 麝香草(じゃこうそう) / 椨の実(たぶのみ) / 唐胡麻(とうごま) / 巴草(ともえぐさ) / 錦草(にしきそう) / 浜茄子の実(はまなすのみ) / 鵯花(ひよどりばな) / 富士薊(ふじあざみ) / 藪蘭(やぶらん) / 西瓜(すいか) / 撫子(なでしこ) / 金水引(きんみずひき) / 九年母(くねんぼ) / 松虫草(まつむしそう) / 背高泡立草(せいたかあわだちそう) / 山梨の実(やまなしのみ) / 箒木(ほうきぎ) / 藪茗荷の花(やぶみょうがなのはな) / サルビア(さるびあ) / 鵯上戸の花(ひよどりじょうごのはな) / 水葵(みずあおい) / 梅鉢草(うめばちそう) / 水金梅(みずきんばい) / 

仲秋の植物

藍の花(あいのはな) / 秋茄子(あきなす) / 通草(あけび) / 蘆の花(あしのはな) / 無花果(いちじく) / 藤豆(ふじまめ) / 薄紅葉(うすもみじ) / 早稲(わせ) / 白粉花(おしろいばな) / 貝割菜(かいわりな) / 南瓜(かぼちゃ) / 刈萱(かるかや) / 黍(きび) / 山梔子(くちなし) / コスモス(こすもす) / 胡麻(ごま) / 桜紅葉(さくらもみじ) / 石榴(ざくろ) / 甘藷(さつまいも) / 紫苑(しおん) / 紫蘇の実(しそのみ) / 芋茎(ずいき) / 竹の春(たけのはる) / 玉蜀黍(とうもろこし) / 鳥兜(とりかぶと) / 南蛮煙管(なんばんぎせる) / 蔓茘枝(つるれいし) / 蓮の実(はすのみ) / 初紅葉(はつもみじ) / 稗(ひえ) / 葡萄(ぶどう) / 木瓜の実(ぼけのみ) / 杜鵑草(ほととぎす) / 真菰の花(まこものはな) / 猿梨の実(さるなしのみ) / 彼岸花(ひがんばな) / 水草紅葉(みずくさもみじ) / 水引の花(みずひきのはな) / 柳散る(やなぎちる) / 山葡萄(やまぶどう) / 竜胆(りんどう) / 棉(わた) / 秋薔薇(あきばら) / 菊芋(きくいも) / 秋明菊(しゅうめいぎく) / 嫁菜の花(よめなのはな) / 三七の花(さんしちのはな) / 蘭(らん) / 車前草(おおばこ) / 竹の実(たけのみ) / 浜菊(はまぎく) / 木賊(とくさ) / 千振(せんぶり) / 豨薟(めなもみ) / 緑豆(りょくとう) / 田五加木(たうこぎ) / 藜の実(あかざのみ) / 茴香の実(ういきょうのみ) / 刈安(かりやす) / 鍾馗蘭(しょうきらん) / 風船葛(ふうせんかずら) / 磯菊(いそぎく) / 苦参(くらら) / 芙蓉の実(ふようのみ) / 荒地野菊(あれちのぎく) / 衝羽根(つくばね) / 狗酸漿(いぬほおずき) / 独活の実(うどのみ) / 粟奴(くろんぼう) / 小浜菊(こはまぎく) / 小鮒草(こぶなぐさ) / 蘇枋の実(すおうのみ) / 中抜大根(なかぬきだいこん) / 茯苓(ぶくりょう) / 山薊(やまあざみ) / 八朔梅(はっさくばい) / 破荷(やれはす) / 野菊(のぎく) / 吾亦紅(われもこう) / 

晩秋の植物

一位の実(いちいのみ) / 銀杏散る(いちょうちる) / 銀杏黄葉(いちょうもみじ) / 稲(いね) / 茨の実(いばらのみ) / 色変えぬ松(いろかえぬまつ) / 梅擬(うめもどき) / 末枯れ(うらがれ) / 蝦蔓(えびづる) / 楝の実(おうちのみ) / 晩稲(おくて) / 落穂(おちぼ) / 万年青の実(おもとのみ) / 柿(かき) / 樫の実(かしのみ) / 榧の実(かやのみ) / 烏瓜(からすうり) / 榠櫨の実(かりんのみ) / 茸(きのこ) / 金柑(きんかん) / 枸杞の実(くこのみ) / 茱萸(ぐみ) / 栗(くり) / 胡桃(くるみ) / 柑子蜜柑(こうじみかん) / 黄葉(こうよう) / 黄落(こうらく) / 木の実(このみ) / 皀角子(さいかち) / サフラン(さふらん) / 残菊(ざんぎく) / 椎の実(しいのみ) / 草木瓜の実(くさぼけのみ) / 占地(しめじ) / 熟柿(じゅくし) / 新松子(しんちぢり) / 杉の実(すぎのみ) / 酸橘(すだち) / 橙(だいだい) / 橘(たちばな) / 大毛蓼(おおけたで) / 種茄子(たねなす) / 百菊(ひゃくぎく) / 蔓梅擬(つるうめもどき) / 照葉(てりは) / 橡の実(とちのみ) / 団栗(どんぐり) / 櫨の実(はぜのみ) / 櫨(はぜのき) / 隼人瓜(はやとうり) / 菱の実(ひしのみ) / 穭(ひつじ) / 瓢の実(ひょんのみ) / ピラカンサの実(ぴらかんさのみ) / 五倍子(ふし) / 藤の実(ふじのみ) / 菩提子(ぼだいし) / 松茸(まつたけ) / 檀の実(まゆみのみ) / 見せばや(みせばや) / 椋の実(むくのみ) / 無患子(むくろじ) / 紫式部(むらさきしきぶ) / 木犀(もくせい) / 紅葉(もみじ) / 雑木紅葉(ぞうきもみじ) / 柿紅葉(かきもみじ) / 漆紅葉(うるしもみじ) / 櫟紅葉(くぬぎもみじ) / 梅紅葉(うめもみじ) / 葡萄紅葉(ぶどうもみじ) / 満天星紅葉(どうだんもみじ) / 合歓紅葉(ねむもみじ) / 柞紅葉(ははそもみじ) / 櫨紅葉(はぜもみじ) / 紅葉かつ散る(もみじかつちる) / 破れ芭蕉(やぶればしょう) / 柚子(ゆず) / 一才柚子(いっさいゆず) / 落花生(らっかせい) / 林檎(りんご) / 檸檬(れもん) / 珊瑚樹(さんごじゅ) / 枳梖(けんぽなし) / 厚岸草(あっけしそう) / 吉祥草(きちじょうそう) / 枸橘の実(からたちのみ) / 飯桐の実(いいぎりのみ) / 岩茸(いわたけ) / 水木の実(みずきのみ) / 漆の実(うるしのみ) / 榲桲(まるめる) / 浜木綿の実(はまゆうのみ) / 榛の実(はしばみのみ) / 栗茸(くりたけ) / 合歓の実(ねむのみ) / オリーブの実(おりーぶのみ) / 定家葛(ていかかずら) / 楢の実(ならのみ) / 油桐の実(あぶらぎりのみ) / 楓(かえで) / 柾の実(まさきのみ) / 朴の実(ほおのみ) / 火焔菜(かえんさい) / 莢蒾の実(がまずみのみ) / 柏黄葉(かしわもみじ) / 木豇豆(きささげ) / 玉水木(たまみずき) / 初滑子(はつなめこ) / 榎の実(えのきのみ) / 辣韮の花(らっきょうのはな) / 鵯上戸(ひよどりじょうご) / 名の木散る(なのきちる) / 黐の実(もちのみ) / 信濃柿(しなのがき) / 海桐の実(とべらのみ) / 山梨(やまなし) / 梧桐の実(あおぎりのみ) / 一位樫の実(いちいがしのみ) / 黄烏瓜(きからすうり) / 樟の実(くすのみ) / 朱欒(ざぼん) / 芒散る(すすきちる) / 苗代茱萸の花(なわしろぐみのはな) / 萩の実(はぎのみ) / 榲めろ(まるめろ) / 早生蜜柑(わせみかん) / 風草(かぜくさ) / 箒木の実(ほうきぎのみ) / 舞茸(まいたけ) / 錦木(にしきぎ) / 白膠木(ぬるで) / 朝顔の実(あさがおのみ) / 藪茗荷の実(やぶみょうがなのみ) / 射干の実(ひおうぎのみ) / 

ほかの季節の季語一覧

春の季語一覧
夏の季語一覧
秋の季語一覧
冬の季語一覧
新年の季語一覧

季語を深く理解できる本

春夏秋冬+新年の季語が、合計24000語収録
すべての季語に意味が書かれています
今まで知らなかった季語を知るだけで、普段の生活がワクワクするものになります
俳句をやっている人であれば、季語の選択肢が増えて、いま以上に良い俳句が作れるようになるはずです

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E6%98%A5%E3%81%AE%E8%A1%A8%E7%B4%99.jpg画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E5%A4%8F%E3%81%AE%E8%A1%A8%E7%B4%991.jpg画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E7%94%BB%E5%83%8F1.jpg画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E5%86%AC%E3%81%AE%E8%A1%A8%E7%B4%991.jpg画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: E6960E5B9B4E381AEE8A1A8E7B4991.jpg
四季を語る季語
~美しい日本の四季のことば~

KindleUnlimited会員の方は無料で読むことができます
30日は無料体験ができるので、試しに会員登録をして読んでみてもいいと思います
会員登録はこちら >>>

季語季語一覧
木幡 忠文をフォローする
タイトルとURLをコピーしました