俳句の直し方

俳句の直し方

俳句の直すべき場所はこの一か所。俳句添削極意!

自分の俳句作品にたいして手直しをすることがあると思います。このとき、575のどこを手直しをするべきか、どこは触ってはいけないか、を紹介します。
俳句の直し方

俳句の語尾に「もし」を付けるだけで、良くなる件

初心者でもできる、俳句の簡単な直し方を紹介します。ある言葉を「もし」に変えるだけで、劇的に俳句が良くなるので紹介します。
俳句の直し方

俳句では、下五の「~ゆく」は削ったほうが良い

下五でよく「過ゆく」や「走りゆく」などのように「~ゆく」を使った俳句が見られますが、「~ゆく」が絶対に必要でない限り、思い切って削りましょう なぜ削るのか、ですが 多くの場合「~ゆく」など無くても意味は通じるからです 「過ゆく」や「走りゆく...
俳句の直し方

俳句での形容詞の直し方

俳句では形容詞をなるべく使わない方が良いと言われる 大きな理由は「形容詞は心情を表す主観」だから 美しい、悲しい、儚い これらの形容詞は、どれも主観だ 桜が散るのを見て、いくら「私は悲しかった」と言っても 聞いた人は「そうでしたか」としか言...
俳句の直し方

「・・・だから」俳句を直す方法

俳句では「・・・だから」という表現は控えた方が良いと言われる ○○ だから △△ した という形だ 「だから俳句」などとも言われるが、このようなものは俳句というよりも、ただの説明や報告となってしまう ただ、さすがに俳句の中で「・・・だから」...
俳句の直し方

「何を・どうしたら・どうなった」から俳句に直す方法

説明文のひとつ 「何を  どうしたら  どうなった」 を少し手直しするだけで、俳句になります このブログを読んでいる人も、一緒にやってみましょう まず、「何を どうしたら どうなった」の一文を書きます 例えばこんな感じ ① ナデシコを  摘...
俳句の直し方

自分の俳句の中で「無駄な単語」を見つける方法

初心者の俳句には必要のない単語が多すぎます必要のない単語を消せば、劇的に俳句はよくなりますでは、どの単語を消せばよいのか?ですが、これは、一つの方法で簡単に探せます対語があれば入れ替えてみることです対語というのは、意味の上で互いに反対の関係...
俳句の直し方

俳句で語順を変えた後にチェックしたい3つのポイント

俳句の語順に悩んで、単語を何度も入れ替えた経験のある人はいると思います 何度も入れ替えるたびに、ますます頭がこんがらがってしまい どうすればよいのか分からなくなってきます そのときは、次の点を確認をするのも有効な手です ①語順を変えたことで...
俳句の直し方

俳句を作るとき、言葉を省略するのはここ

俳句ではなるべく「言葉を省略することと」と言われます しかし、俳句を始めたばかりの人では、どの言葉を省略どのすば良いのか分からないと思います ここでは、例句をまじえて省略ポイントを解説します 具体的には次の部分を省略すると上手くいきます 例...
俳句の直し方

俳句で推敲をするときは、一番言いたいことが何かを忘れないこと

推敲で語順を変えるとき、句の中心を意識せずにこねくり回してしまうと、句の中心が別のものになって、自分の一番言いたかったこととは違う句になってしまうことがあるので注意しよう例えば次の句晩秋を落ちる夕日の速さかなこういう句を作ったとき、自分は一...