俳句の疑問

俳句を575で作るときに、季語から1音を減らす方法

俳句は575で作ります。そのときに1音をどうしても削りたい(増やしたい)、と思うことがあります。ここでは、季語の音数を減らす(もしくは増やす)方法を紹介します。
四季で見られる季語

「月」の季語と季節について

月は俳句で秋の季語です。ただ、一言で月といっても「月夜、月明かり、有明の月、月影、月光」など様々な言葉があります。ここでは月に関連する様々な言葉と意味を紹介します。さまざまな言葉を知るだけで、普段みなれた月が別のものに見えるはずです。
四季で見られる季語

「鴨」の季語と季節について

単に鴨というと夏の季語になります。ただ、鴨は四季を通してみることができ、四季のそれぞれで趣が違います。この記事では、春夏秋冬の鴨の季語と、それぞれの違いを紹介します。
四季で見られる季語

「蝶」に関するいろいろな言葉と意味

蝶といえば春の季語ですが、実際には四季を通してみることができ、四季のそれぞれで趣が違います。ここでは、春夏秋冬の蝶の季語と、それぞれの違いを紹介します。
俳句作り

説明的な俳句の直しかた12の方法

説明的な俳句はいけないといわれます。そのように言われても、どのような俳句が説明的なのかが分からなければ直せません。説明的な俳句が分かっても直し方が分からなければ仕方がありません。ここでは、説明的な俳句の特徴と、それを直す方法を一挙公開します。
俳句作り

まさか!俳句で使われる時間の言葉、そんなにあるの?

俳句で時間を表す言葉は、朝昼版、1時2時3時、などのほかに何を使っていますか?ここでは、時間を表すたくさんの言葉を紹介します時間の言葉を使い分けることで、俳句の表現が広がるはずです。
俳句の疑問

韻律(いんりつ)を知れば、1.5倍俳句が良くなる!(②音声の高さ)

韻律(いんりつ)を意識することは、俳句作りでとても重要です。特に韻律の「 ①音声の強さ ②音声の高さ ③音声の長さ 」は大切なポイントになるので、ここでは「②音声の高さ」について、説明をします。
俳句の疑問

韻律(いんりつ)を知れば、1.5倍俳句が良くなる!(③音声の長さ)

韻律(いんりつ)を意識することは、俳句作りでとても重要です。特に韻律の「 ①音声の強さ ②音声の高さ ③音声の長さ 」は大切なポイントになるので、ここでは「③音声の長さ」について、説明をします。
俳句の疑問

韻律(いんりつ)を知れば、1.5倍俳句が良くなる!(①音声の強さ)

韻律(いんりつ)を意識することは、俳句作りでとても重要です。特に韻律の「 ①音声の強さ ②音声の高さ ③音声の長さ 」は大切なポイントになるので、ここでは「①音声の強さ」について、説明をします。
俳句の疑問

衝撃!俳句のルールで一番重要なのは○○

俳句のルールで一番重要なことを紹介。あまり深く考えずに、このポイントをまずは意識して作るだけで、簡単に俳句は作れるようになります。