俳句で注意をしたい言葉

俳句で注意をしたい「聞く・聴く」の違い

「聞く」と「聴く」の漢字があります俳句を始めたころ、そのときの気分で「聞く」と「聴く」を書き換えていたのですがこの2つは意味は違いますし、使う場面も違いますその違いを下の表に書いたので、2つの違いを自信をもって言えないかな?と思う方は、確認...
季語の話

季語の「秋の隣」が季語にならないとき

「秋隣(あきとなり)」という季語があります 秋が近くに来ている、秋が隣まで来ている、という意味で晩夏の季語です この「秋隣」の関連季語として「秋の隣(あきのとなり)」があります 1) 「滑稽雑談」には、「秋の隣というのは、近いという心だ」と...
句会関連

句会では票を入れた根拠を必ず言おう

句会で、良いと感じた作品に票を入れることがあるこのとき、必ず票を入れた根拠を言った方がいい「パッと見て良いと感じた」という発言を聞くが「良いと感じたから」票を入れるのであって、そのようなことは言わなくても分かる「良いと感じた」は感想「良いと...
季語の話

「羽子(はね)」の子季語の「熨斗羽子(のしばね)」ってなに?

新年の季語「羽子(はね)」の関連季語に「熨斗羽子(のしばね)」が紹介されています 1.2) ただ、「熨斗羽子」がどういったものであるのか、は書かれていません 熨斗という、お祝いで添える飾りを付けた羽子板のことでしょうか? 気になったので調べ...
俳句で注意をしたい言葉

俳句で注意をしたい「下・元・本・基」の違い

「○○のもと」という表現を使うことがあります法のもと口は災いのもともとを絶つ資料をもとにするなどです漢字は「本・下・元・基」のどれかが当てられるのですが、分かりますか?答えは次の通りです法の下口は災いの元本を絶つ資料を基にする俳句を見ている...
俳句で注意をしたい季語

「露の世」が季語?

露の関連季語として「露の世」を掲載している歳時記があります 1.2.3) 意味は「消えやすい露のようにはかない世」つまり、この世を露に見立てた比喩表現です本来であれば季語ではありませんが、「露」の関連季語に入れられていていますなぜ、このよう...
俳句で注意をしたい言葉

俳句で注意をしたい「始め」と「初め」の違い

「始め」と「初め」の2つの漢字は、「はじめること」という意味では同じですが、次の点で使い分けがされています「始め」は、開始、始まり、着手、などの際に使う「初め」は、順序の一番目、時間的に早い段階、最初、など際に使う「始め」と「初め」のどちら...
俳句で注意をしたい季語

季語の、百松明の神事(ひゃくたいまつのしんじ)とは?

「松例祭(しょうれいさい)」という冬の季語があります 12月31日に出羽三山神社で行われる祭りです この関連季語に「百松明の神事(ひゃくたいまつのしんじ)」が掲載されています 1.2) 「百松明の神事」は、炬火が暗闇の山を白昼のように変える...
俳句で注意をしたい言葉

俳句で注意をしたい「初む」と「始む」の違い

俳句では「~初む(そむ)」「~始む(はじむ)」という表現がよく使われます中には、「~初む」と書くところを「~始む」と書いている俳句を見かけますその逆もあります使い方を間違えないように、確認をしましょう「初む」は、動詞の連用形に付いて「聞き初...
季語の話

「蝶」の関連季語の「胡蝶の夢」ってなに?

春の季語に、昆虫の「蝶」がある この関連季語に「胡蝶の夢」を紹介している歳時記があります 1.2) 関連季語とされているため、実際の蝶だと思ってしまう人もいるかもしれませんが、蝶のことではないので注意してください 「胡蝶の夢」というのは、夢...