俳句で注意をしたい季語

俳句で注意をしたい季語

「夕焼ける」という表現、俳句で使って良い?悪い?

「夕焼け」という言葉はあるけれど、「夕焼ける」という言葉は何なのか?「夕焼ける」という表現を俳句で使って良いのか、悪いのかなどについて書いています。
俳句で注意をしたい季語

季語の「月の水」の意味が・・・

「俳句季語よみかた辞典」には「月の水」という秋の天文の季語が紹介されています 1) 意味は「月かげを、水の泡に見立てたもの」 「月の水」と言われれば、一般的には月に存在する水(地表の氷)を想像しますが 月かげ(月の光)のことのようです ただ...
俳句で注意をしたい季語

季語の「冬障子」に「冬」は必要?

季語の一つに「障子(しょうじ)」があります 「障子」は木枠の片側に和紙を張った建具 寒さや風を遮るために用いられるため冬の季語とされます この「障子」の関連季語に「冬障子」が掲載されています 1) 「障子」は冬の季語ですが、何故「冬」が付い...
俳句で注意をしたい季語

北極熊が季語?その理由を調べてみた

「角川俳句大歳時記」には熊が季語として採用されていて、熊の子季語には、羆(ひぐま)、月輪熊(つきのわぐま)、北極熊、白熊などが掲載されている 1) 北極熊(白熊)は北極圏およびその周辺に生息する熊で、日本では見られないのに、なぜ季語として掲...
俳句で注意をしたい季語

「若餅」の子季語の「鼓餅」ってなに?

正月三が日の間に搗く餅を「若餅」といい、新年の季語になっています この「若餅」の関連季語に「鼓餅(つづみもち)」を掲載している歳時記があります 1.2.6) ただ、どの歳時記にも「鼓餅」の解説は書かれていません なぜ「若餅」を「鼓餅」と言う...
俳句で注意をしたい季語

季語の「神植(かみうえ)」とは何か?

夏の季語「御田植」の関連季語として「神植(かみうえ)」を掲載している歳時記があります 1.2.3) この「神植(かみうえ)」とは、具体的にどのような行事なのでしょうか? 歳時記にも意味は書かれておらず、辞書や辞典をあたっても言葉自体が見つか...
俳句で注意をしたい季語

熊が冬の季語?クマ被害は夏に多いけれど・・・

歳時記には「熊」が冬の季語で掲載されている 1.2.6.7.8) 熊は冬の期間は冬眠をしていて普通は見かけない。 それにもかかわらず、なぜ冬の季語にされているのだろうか?     熊の目撃情報が多いのは春から秋 熊が多く目撃されるのは春から...
俳句で注意をしたい季語

季語の「たかみそぎ」とは何?

「名越の祓(なごしのはらえ)」という夏の季語があります この関連季語に「たかみそぎ」が掲載されています 4) 祓(はらえ)の関連季語なので「みそぎ」は「禊」と書きそうですが 「たか」の漢字がわかりません 各種辞書で「たかみそぎ」を検索しても...
俳句で注意をしたい季語

季語の葦鶯(あしうぐいす)ってなに?

葭切(ヨシキリ)という夏の季語があります 「俳句季語よみかた辞典」では、ヨシキリの別称として、葦鶯(あしうぐいす)を掲載しているのですが 1) 葦鶯(あしうぐいす)というのは何なのでしょうか? ヨシキリの別称として葦雀(あしすずめ)は聞いた...
俳句で注意をしたい季語

季語の、大吉(だいきち)とは?

「俳句季語よみかた辞典」に大吉という季語が紹介されています 1) 立春の日に、寺院の入口に貼る「立春大吉」と書いた符札を言うようです 大吉と言われて、立春大吉の符札を思い浮かべられる人は、どれくらいいるでしょうか 思い浮かべることができる人...