古典・助詞の種類一覧

俳句作りでは助詞の選択が重要ですので、助詞の一覧を用意しました

助詞の種類(表)

種類接続用法意味
格助詞
下の文節に対して関係を示す
体言主格
連体修飾格
同格
体言の代用
~が
~の
~であって・~で
~のもの・~のこと
体言主格
連体修飾格
同格
体言の代用
比喩
~が
~の
~であって・~で
~のもの・~のこと
~のように
体言・連体形動作の対象
動作の起点
経過する場所・時間
~を・~に
~を・~から
~を通って・~を
体言・連体形場所・時間
動作の対象
動作の目的
変化の結果・帰着点
原因・理由
受身・使役の対象
比較の基準
添加・列挙
資格・状態
~に・~で
~に・~と
~のために・~に
~に・~と
~で・~のために・~によって
~に
~に・~より
~のうえに
~として・~で
体言・連体形にて(現在の「で」)
格助詞「に」+接続助詞「て」
場所・時
手段
理由
~で・~のときに
~で・~によって
~ので・~によって
体言動作・作用の方向
動作・作用の相手
~に・~の方へ・~に向かって
~に・~に対して
体言・連体形共同者
比較の基準
引用
並列
変化の結果
比喩
強意
~と・~とともに
~と・~と比べて
~と
~と
~に・~と
~のように
~ものは全て・どんどん~する
体言・連体形より(ゆり・よ・ゆ)動作の起点
経由地
~から・~より
~を通って
体言・連体形から起点
経由点
手段・方法
原因・理由
~から
~を・~を通って
~で
~によって
体言して
「為(す)」の連用形「し」+接続助詞「て」
手段・方法
動作の共同者
使役の相手
~で
~とともに
~に命じて
副助詞
意味を添えて、下の用言を修飾する
体言・連体形・助詞だに類推
限定
~さえ・~でも
せめて~だけでも
体言・連体形・助詞すら類推~さえ・~でも
体言・連体形・助詞さへ添加そのうえ~までも
種々の語のみ限定
強調
~だけ
特に~
種々の語ばかり限定
程度
~だけ
~くらい
体言・連体形まで限定
程度
~まで
~くらい
種々の語し・しも強意(特に訳さない)
係助詞
文末に特定の言い方をさせる
種々の語強意(特に訳さない)
種々の語なむ強意(特に訳さない)
種々の語疑問
反語
~(だろう)か
いや~ない
種々の語(やは)
助詞「や」+助詞「は」
反語~か・いや~ない
種々の語疑問
反語
~か
種々の語(かは)
助詞「か」+助詞「は」
詠嘆を伴う疑問
反語
~か
~か・いや~ない
種々の語こそ強意特に・~こそ
体言・連体形・助詞主題・題目の提示
他と区別して取り立てる
強調
順接の仮定条件
~は・~については
~は
~は
~ならば
種々の語類例
並列
列挙
強意
~も・~もまた
~も~も
~も
~なあ
終助詞
禁止・願望・詠嘆・強意などの意味を添える
体言・文末な(詠嘆)詠嘆
念押し
~だなぁ
~な・~だな・~だね
終止形・ラ変の連体形な(禁止)禁止~(する)な
連用形・カ変・サ変の未然形禁止~(する)な
未然形ばや自分の希望~(し)たい
未然形なむ(なも)他者への願望~(し)てほしい
連用形てしが自分の希望~(し)たい
連用形てしがな自分の希望~(し)たい
連用形にしが自分の希望~(し)たい
連用形にしがな自分の希望~(し)たい
体言・形容詞の連体形がな他者への願望~(が)あればいい・~(が)ほしい
体言・形容詞の連体形もがな状態への願望~(が)あればいい
体言・連体形か(かも・かな・かは)詠嘆~だなぁ
文末かし念押し~(だ)よ
文末感動
考えを述べ、相手の返事を促す
相手をののしる
~なあ
~が、どうか
~ぞ
文末や(やも・やは)詠嘆
呼びかけ
列挙
軽い感動で語調を整える
~だなあ・~よ
~よ・~や
~と~(と)・~や~(や)
(特に訳さない)
文末念押し
疑問
~(だ)ね
~か
種々の語感動・詠嘆
呼びかけ
取り立て
~なあ・~よ
~よ
~だぞ・~だよ
四段・ナ変・ラ変動詞の命令形念押し~よ
体言・連体形・助詞「ぞ」「や」詠嘆~だなぁ
種々の語・文末詠嘆~なあ・~ね・~ことよ
文末感動・詠嘆~なあ・~なのになあ・~よ
連体形ものを感動~のになあ・~のだがなあ
種々の語・文末嘆息のまじった詠嘆~よ・~な
終止した文感動~よ
未然形他に対する願望~てほしい・~てくれ
連用形こそ他に対する願望~てほしい・~てくれ
体言・形容詞・助動詞の連用形・副詞・助詞もが願望~があったらなあ・~があればなあ
間投助詞
語調を整える
種々の語詠嘆
呼びかけ
列挙
~だなぁ
~よ・~や
~や~や
種々の語強調
詠嘆
~ね・~よ
~なぁ・~なのになぁ
体言原因・理由~が~なので
種々の語感動・詠嘆
呼びかけ
取り立て
~だなぁ・~よ
~よ
~だぞ・~だよ
四段・ナ変・ラ変動詞の命令形念押し~よ
接続助詞
接続を示す
未然形順接の仮定条件~ならば・~たら
已然形原因
偶然
恒時
~ので・~から
~と・~たところ
~と・~といっても
終止形・形容詞の連用形とも逆接の仮定条件~ても・~としても
已然形逆接の仮定条件
逆接の恒時条件
~けれども・~が
~ても・~ても必ず
已然形ども逆接の仮定条件
逆接の恒時条件
~けれども・~が
~ても・~ても必ず
連体形単純な接続
逆接の確定条件
~が
~が・~けれども
連体形単純な接続
逆接の確定条件
順接の確定条件
~と・~ところ
~のに・~が
~ので・~から・~がために
連体形単純な接続
逆接の確定条件
順接の確定条件
~ところ
~のに・~が
~ので・~から
連用形単純な接続
逆接の確定条件
順接の確定条件
~て・~で
~のに・~ても
~ので・~から
連用形して単純な接続
逆接の確定条件
順接の確定条件
~て・~で
~のに・~ても
~ので・~から
未然形打消し~ないで・~ずに
連用形つつ反復
継続
複数動作の並行
動作の並行
逆接
単純な接続
動作の継続を詠嘆的に表す
何度も~ては
~し続けて・(ずっと)~していて
~しながら・~する一方で
みんなが~ながら・それぞれが~して
~ながらも・~にもかかわらず
~て
しきりに~していることよ
体言・連用形・形容詞ながら状態の継続
二つの動作の並行
逆接
本質に基づくことを示す
~のまま・~のままで・そっくりそのまま
~ながら・~つつ
~けれども・~のに
~そのままに・~としてまさに
連体形ものの逆接の確定条件~けれども・~とはいうものの
連体形ものを逆接の確定条件
順接の確定条件
~のに・~けれども
~ので・~だから
連体形ものから逆接の確定条件
順接の確定条件
~のに・~けれども
~ので・~だから
連体形ものゆゑ逆接の確定条件
順接の確定条件
~のに・~けれども
~ので・~だから
終止形・完了助動詞「ぬ」の終止形がに程度・状態~そうに・~ほどに
連体形がに目的・理由~だろうから・~ばかりに・~ように
連体形がね理由
目的
~だろうから
~ために・~ように
連体形逆接の確定条件
逆接の仮定条件
~のに・~けれども
~ても・~としても
連体形からに原因・理由
即時
逆接の仮定条件
~ために・ばかりに
~と同時に・~とすぐに
~だからといって・たとえ~だとしても
連体助詞
後の語の内容を限定する
体言・連体形所有
所属
類似
親愛・軽侮
~の
~の
~のような
~の
体言所属
所在

作者・行為者
材料
名称・資格
様子・状態
~の・~に属する・~のうちの
~の・~にある
~の
~の・~の作った・~のした
~の
~の・~という
下に「ごとし」「やうなり」「まにまに」「からに」「ゆゑに」などを伴う
体言・形容詞の語幹所属・位置~の・~にある
体言連体修飾語を作る~の

助詞の種類(PDF)

俳句作りにお勧めの本

俳句作りで文法の基礎を勉強するのに、おすすめの本です
基礎をしっかりと学べるので、間違った言葉の使い方がなくなりますし
表現したい言葉を、古語に直して使えるようになります

文語文法の関連記事

タイトルとURLをコピーしました