冬の季語一覧

冬の主要な季語を一覧にしています、俳句を作る際の参考になさってください。
動詞の季語は、誰にでも分かるように現代語で書いています。古語での季語は、記事最後に紹介している本に掲載されています。

本ページはリンクフリーですが、ページ内のコピーは個人利用でも禁止です。

冬の時候

三冬の時候

凍る(こおる) / 冱てる(いてる) / 寒い(さむい) / 冴える(さえる) / 三寒四温(さんかんしおん) / 霜月(しもつき) / 霜夜(しもよ) / 短日(たんじつ) / 冷たい(つめたい) / 冬暖か(ふゆあたたか) / 冬ざれ(ふゆざれ) / 冬の朝(ふゆのあさ) / 冬の暮(ふゆのくれ) / 冬の夜(ふゆのよ) / 鐘氷る(かねこおる) / 盤渉調(ばんしきちょう) / 冬の日(ふゆのひ) / 

初冬の時候

神無月(かんなづき) / 小春(こはる) / 十一月(じゅういちがつ) / 初冬(はつふゆ) / 冬めく(ふゆめく) / 立冬(りっとう) / 冬さる(ふゆさる) / 

仲冬の時候

大晦日(おおみそか) / 数え日(かぞえび) / 十二月(じゅうにがつ) / 除夜(じょや) / 師走(しわす) / 年惜しむ(としおしむ) / 年の内(としのうち) / 年の暮(としのくれ) / 春待つ(はるまつ) / 行く年(ゆくとし) / 柚子湯(ゆずゆ) / 一陽の嘉節(いちようのかせつ) / 朔旦冬至(さくたんとうじ) / 仲冬(ちゅうとう) / 宮線を添う(きゅうせんをそう) / 小晦日(こつごもり) / 大呂(たいりょ) / 年の夜半(としのよわ) / 

晩冬の時候

一月(いちがつ) / 寒(かん) / 寒の入(かんのいり) / 寒波(かんぱ) / 厳寒(げんかん) / 冬土用(ふゆどよう) / 春近い(はるちかい) / 日脚伸びる(ひあしのびる) / 冬(ふゆ) / 冬尽きる(ふゆつきる) / 冬深い(ふゆふかい) / しばれる(しばれる) / 年内立春(ねんないりっしゅん) / 晩冬(ばんとう) / 

冬の天文

三冬の天文

雪催(ゆきもよい) / 毛嵐(けあらし) / 霜(しも) / 冬霞(ふゆがすみ) / 冬の霧(ふゆのきり) / 冬の空(ふゆのそら) / 冬の靄(ふゆのもや) / 冬の雷(ふゆのらい) / 冬晴(ふゆばれ) / 冬旱(ふゆひでり) / 虎落笛(もがりぶえ) / うつ田姫(うつたひめ) / 露凝る(つゆこる) / 杪冬(びょうとう) / 御講凪(おこうなぎ) / 

初冬の天文

初霜(はつしも) / 

仲冬の天文

 

晩冬の天文

雪晴(ゆきばれ) / 雪女(ゆきおんな) / 寒晴(かんばれ) / 名残の空(なごりのそら) / 

冬の地理

三冬の地理

凍土(いてつち) / 枯芒(かれすすき) / 枯野(かれの) / 寒潮(かんちょう) / 狐火(きつねび) / 霜枯(しもがれ) / 霜柱(しもばしら) / 冬枯(ふゆがれ) / 冬木(ふゆき) / 冬田(ふゆた) / 冬野(ふゆの) / 積雪(せきせつ) / 冬の海(ふゆのうみ) / 冬の川(ふゆのかわ) / 冬の波(ふゆのなみ) / 冬の水(ふゆのみず) / 冬の山(ふゆのやま) / 水涸れる(みずかれる) / 山眠る(やまねむる) / 垂り雪(しずりゆき) / 冬景色(ふゆげしき) / 雪まくり(ゆきまくり) / 冬の磯(ふゆのいそ) / 枯葦(かれあし) / 枯れ木(かれき) / 防雪林(ぼうせつりん) / 

初冬の地理

初氷(はつごおり) / 

仲冬の地理

 

晩冬の地理

凍滝(いてたき) / 御神渡(おみわたり) / 寒の水(かんのみず) / 氷(こおり) / 氷柱(つらら) / 波の花(なみのはな) / 氷海(ひょうかい) / 氷湖(ひょうこ) / 吹雪(ふぶき) / 雪折(ゆきおれ) / 氷橋(こおりばし) / 氷壁(ひょうへき) / 凍渡(しみわたり) / 霧氷(むひょう) / 樹氷(じゅひょう) / 

冬の生活

三冬の生活

アイスホッケー(あいすほっけー) / 網代(あじろ) / 熱燗(あつかん) / 厚司(あつし) / 行火(あんか) / 鮟鱇鍋(あんこうなべ) / 藺植える(いうえる) / 息白い(いきしろい) / 池普請(いけぶしん) / 鼬罠(いたちわな) / 兎狩(うさぎがり) / 襟巻(えりまき) / おでん(おでん) / 温室(おんしつ) / 外套(がいとう) / 懐炉(かいろ) / 温石(おんじゃく) / 牡蛎船(かきぶね) / 牡蠣剥く(かきむく) / 角巻(かくまき) / 重ね着(かさねぎ) / 火事(かじ) / 粕汁(かすじる) / 風邪(かぜ) / 蕪汁(かぶらじる) / 紙子(かみこ) / 紙漉(かみすき) / 乾鮭(からざけ) / 狩(かり) / 猪狩(ししがり) / 枯園(かれその) / 寒卵(かんたまご) / 寒参(かんまいり) / 狐罠(きつねわな) / 着ぶくれ(きぶくれ) / 切干(きりぼし) / 茎漬(くきづけ) / 嚔(くしゃみ) / 捕鯨(ほげい) / 鯨汁(くじらじる) / 葛湯(くずゆ) / 薬喰(くすりぐい) / 紅葉鍋(もみじなべ) / 熊突(くまつき) / 熊祭(くままつり) / 毛糸編む(けいとあむ) / 毛皮(けがわ) / 炬燵(こたつ) / 海鼠腸(このわた) / 酢海鼠(すなまこ) / 三平汁(さんぺいじる) / 塩鮭(しおざけ) / ジャケツ(じゃけつ) / 絨緞(じゅうたん) / ショール(しょーる) / スキー(すきー) / 鋤焼(すきやき) / 桜鍋(さくらなべ) / 頭巾(ずきん) / 酢茎(すぐき) / スケート(すけーと) / ストーブ(すとーぶ) / 炭火(すみび) / 消炭(けしずみ) / 炭斗(すみとり) / 炭売(すみうり) / 炭(すみ) / 炭俵(すみだわら) / 炭焼(すみやき) / セーター(せーたー) / 咳(せき) / 石炭(せきたん) / 背蒲団(せなぶとん) / 雑炊(ぞうすい) / 蕎麦掻(そばがき) / 大根洗(だいこんあらい) / 鯛焼(たいやき) / 鷹狩(たかがり) / 焚火(たきび) / 竹馬(たけうま) / 筌(うえ) / 炭団(たどん) / 狸汁(たぬきじる) / 狸罠(たぬきわな) / 足袋(たび) / 玉子酒(たまござけ) / 鱈船(たらぶね) / 暖房(だんぼう) / ちゃんちゃんこ(ちゃんちゃんこ) / 手袋(てぶくろ) / 電気毛布(でんきもうふ) / 冬耕(とうこう) / 泥鰌掘る(どじょうほる) / 褞袍(どてら) / 納豆汁(なっとじる) / 鍋焼(なべやき) / 煮凝(にこごり) / 根深汁(ねぶかじる) / ねんねこ(ねんねこ) / のっぺい汁(のっぺいじる) / 膝掛(ひざかけ) / 日向ぼこ(ひなたぼこ) / 火の番(ひのばん) / 火鉢(ひばち) / 屏風(びょうぶ) / 鰭酒(ひれざけ) / 河豚汁(ふぐじる) / ちり鍋(ちりなべ) / 柴漬(ふしづけ) / 衾(ふすま) / 紙衾(かみぶすま) / 襖(ふすま) / 懐手(ふところで) / 冬安居(ふゆあんご) / 冬籠(ふゆごもり) / 冬座敷(ふゆざしき) / 冬花火(ふゆはなび) / 冬服(ふゆふく) / 冬着(ふゆぎ) / 冬の着物(ふゆのきもの) / 冬シャツ(ふゆしゃつ) / 皮羽織(かわばおり) / 冬帽子(ふゆぼうし) / 冬館(ふゆやかた) / 風呂吹大根(ふろふきだいこん) / 干菜汁(ほしなじる) / 榾(ほだ) / 牡丹鍋(ぼたんなべ、) / 頬被(ほおかぶり) / 鮪(まぐろ) / マスク(ますく) / マント(まんと) / 水洟(みずばな) / 味噌搗(みそつき) / 耳袋(みみぶくろ) / 股引(ももひき) / ウィンドヤッケ(うぃんどやっけ) / 闇汁(やみじる) / 雪合羽(ゆきがっぱ) / 雪沓(ゆきぐつ) / 湯気立て(ゆげたて) / 湯ざめ(ゆざめ) / 湯婆(たんぽ) / 湯豆腐(ゆどうふ) / 夜着(よぎ) / 寄鍋(よせなべ) / 夜鷹蕎麦(よたかそば) / ラグビー(らぐびー) / 綿入(わたいれ) / 負真綿(おいまわた) / 藁仕事(わらしごと) / 霰酒(あられざけ) / 雲腸(くもわた) / 治部煮(じぶに) / 成吉思汗(じんぎすかん) / 貫き(つらぬき) / 葱鮪(ねぎま) / 足温め(あしぬくめ) / 石狩鍋(いしかりなべ) / 芋粥(いもがゆ) / 枝打(えだうち) / 枝払(えだばらい) / とろろあおい搗く(とろろあおいつく) / 押しくら饅頭(おしくらまんじゅう) / 飯櫃入(おはちいれ) / 温突(おんどる) / 貝焼(かいやき) / 風切鎌(かぜきりがま) / 蕪鮓(かぶらずし) / 蕪蒸(かぶらむし) / 釜揚饂飩(かまあげうどん) / 猟人(かりうど) / 樏(かんじき) / 吸入器(きゅうにゅうき) / きりたんぽ(きりたんぽ) / 巻繊汁(けんちんじる) / 甲羅煮(こうらに) / 薩摩汁(さつまじる) / 塩鰹(しおがつお) / 塩鱈(しおだら) / 塩鰤(しおぶり) / 生姜酒(しょうがざけ) / 生姜味噌(しょうがみそ) / 生姜湯(しょうがゆ) / 助炭(じょたん) / 塩汁(しょっつる) / 芹焼(せりやき) / 千枚漬(せんまいづけ) / 鯛味噌(たいみそ) / 手足荒れる(てあしあれる) / 胴着(どうぎ) / 菜洗う(なあらう) / 納豆(なっとう) / 縄飛(なわとび) / 人参採る(にんじんとる) / 寝酒(ねざけ) / 根木打(ねっきうち) / 被布(ひふ) / 火吹竹(ひふきだけ) / 蒸飯(ふかしめし) / 冬扇(ふゆおうぎ) / 冬杣(ふゆそま) / 冬羽織(ふゆばおり) / ペーチカ(ぺーちか) / 干菜湯(ほしなゆ) / ホットドリンクス(ほっとどりんくす) / 松葉酒(まつばざけ) / 三椏蒸す(みつまたむす) / 蒸鮓(むしずし) / 蒸饅頭(むしまんじゅう) / もんぺ(もんぺ) / 焼鳥(やきとり) / 雪下駄(ゆきげた) / 雪帽子(ゆきぼうし) / 夜興引(よこひき) / 夜咄(よばなし) / 綿帽子(わたぼうし) / 品漬(しなづけ) / 糟湯酒(かすゆざけ) / 蝋燭焼(ろうそくやき) / 鼈鍋(すっぽんなべ) / 紫漬(しばづけ) / 綾取(あやとり) / サッカー(さっかー) / 寒影(かんえい) / 囲炉裏(いろり) / 皮衣(かわごろも) / 冬の燈(ふゆのひ) / 焼藷(やきいも) / 雪玉(ゆきだま) / 茶碗蒸(ちゃわんむし) / 

初冬の生活

亥の子(いのこ) / 御火焚(おひたき) / 門松立てる(かどまつたてる) / 神の旅(かみのたび) / 神の留守(かみのるす) / 初猟(はつりょう) / 北窓塞ぐ(きたまどふさぐ) / 口切(くちきり) / 木の葉髪(このはがみ) / 蒟蒻掘る(こんにゃくほる) / 霜除(しもよけ) / 十夜(じゅうや) / 大根引(だいこんひき) / 大根干す(だいこんほす) / 沢庵漬(たくあんづけ) / 掛乞(かけごい) / 袴着(はかまぎ) / 蓮根掘る(はすねほる) / 冬構(ふゆがまえ) / 干菜吊る(ほしなつる) / ボジョレー・ヌーボー(ぼーじょれぬーぼー) / 牡丹焚火(ぼたんたきび) / 目貼(めばり) / 炉開(ろびらき) / 十日夜(とおかんや) / 棕櫚剥ぐ(しゅろはぐ) / 蕎麦刈(そばかり) / 炉縁(ろぶち) / 馬下げる(うまさげる) / 蕪引(かぶらひき) / 浅漬(あさづけ) / 射場始(いばはじめ) / 案山子揚(かかしあげ) / 蕪菁干す(かぶらほす) / 刈上餅(かりあげもち) / 車囲う(くるまかこう) / 生姜掘る(しょうがほる) / 冬の更衣(ふゆのころもがえ) / 炉炭を奉る(ろたんをたてまつる) / べったら市(べったらいち) / 七五三(しちごさん) / 製鉄所起業祭(せいてつじょきぎょうさい) / 綿(わた) / 岩海苔(いわのり) / 海苔掻き(のりかき) / 干河豚(ほしふぐ) / フランネル(ふらんねる) / 

仲冬の生活

帯解(おびとき) / 顔見世(かおみせ) / 飾売(かざりうり) / 髪置(かみおき) / 甘蔗刈(かんしょかり) / 御用納(ごようおさめ) / 暦売(こよみうり) / 歯朶刈(しだかり) / 注連飾る(しめかざる) / 注連作(しめつくり) / 社会鍋(しゃかいなべ) / 障子(しょうじ) / 煤払(すすはらい) / 鳴滝の大根焚(なるたきのだいこたき) / 畳替(たたみがえ) / 冬至粥(とうじがゆ) / 年木樵(としきこり) / 年越(としこし) / 年の市(としのいち) / 年守る(としまもる) / 年用意(としようい) / 年忘(としわすれ) / 岡見(おかみ) / 日記買う(にっきかう) / 日記果てる(にっきはてる) / 年末賞与(ねんまつしょうよ) / 掃納(はきおさめ) / 羽子板市(はごいたいち) / 冬休み(ふゆやすみ) / 鰤網(ぶりあみ) / 古暦(ふるごよみ) / ボロ市(ぼろいち) / 晦日蕎麦(みそかそば) / 藪巻(やぶまき) / 雪囲(ゆきがこい) / 斧仕舞(おのじまい) / 衣配(きぬくばり) / 終相場(しまいそうば) / 歳暮売出(さいぼうりだし) / 節季候(せきぞろ) / 節料物(せちりょうもの) / 千葉笑(ちばわらい) / 年取(としとり) / 年の火(としのひ) / 年の宿(としのやど) / 年の湯(としのゆ) / 年末闘争(ねんまつとうそう) / 柱餅(はしらもち) / 春着縫う(はるぎぬう) / 松迎え(まつむかえ) / 餅(もち) / 餅配(もちくばり) / 餅搗(もちつき) / 餅筵(もちむしろ) / 餅の札(もちのふだ) / 臘祭(ろうじつ) / 霰餅(あられもち) / 流黐(ながしもち) / 歳暮(せいぼ) / 魞簀編む(えりすあむ) / 二十三夜待(にじゅうさんやまち) / 正月事始(しょうがつことはじめ) / なまはげ(なまはげ) / 

晩冬の生活

悴む(かじかむ) / 皸(あかぎれ) / 風除(かざよけ) / 賀状書く(がじょうかく) / 雁木(がんぎ) / 寒灸(かんきゅう) / 寒稽古(かんげいこ) / 寒肥(かんごえ) / 寒声(かんごえ) / 寒垢離(かんごり) / 寒晒(かんざらし) / 寒中水泳(かんちゅうすいえい) / 寒造(かんづくり) / 寒釣(かんづり) / 寒天製する(かんてんせいする) / 寒弾(かんびき) / 寒紅(かんべに) / 寒中見舞(かんちゅうみまい) / 寒餅(かんもち) / 葛晒す(くずさらす) / 凍豆腐(しみどうふ) / 霜焼(しもやけ) / すが漏り(すがもり) / 橇(そり) / 探梅(たんばい) / 避寒(ひかん) / 胼(ひび) / 柊挿す(ひひらぎさす) / 蒲団(ふとん) / 水餅(みずもち) / 厄払(やくばらい) / 雪遊び(ゆきあそび) / 雪下し(ゆきおろし) / 雪掻(ゆきかき) / 雪達磨(ゆきだるま) / 雪吊(ゆきつり) / 雪踏(せった) / 雪見(ゆきみ) / 雪眼(ゆきめ) / 雪眼鏡(ゆきめがね) / 雪焼(ゆきやけ) / ルミナリエ(るみなりえ) / 氷蒟蒻(こおりこんにゃく) / スノータイヤ(すのーたいや) / 乙子の朔日(おとごのついたち) / 寒乗(かんのり) / 事納(ことおさめ) / 相撲寒取(すもうかんどり) / 鬼餅(おにもち) / 粥施行(かゆせぎょう) / 丸太曳(まるたひき) / 寒搗(かんづき) / 採氷(さいひょう) / 吹雪倒れ(ふぶきだおれ) / 融雪溝(ゆうせつこう) / 寒糊(かんのり) / 八目鰻取る(やつめうなぎとる) / リュージュ(りゅーじゅ) / 氷餅作る(こおりもちつくる) / 砕氷船(さいひょうせん) / 消雪パイプ(しょうせつぱいぷ) / 雪竿(ゆきざお) / 寒厨(かんくりや) / ボブスレー(ぼぶすれー) / 雪上車(せつじょうしゃ) / 才蔵市(さいぞういち) / 

冬の行事

三冬の行事

 

初冬の行事

神在祭(かみありまつり) / 恵比須講(えびすこう) / 神迎神事(かみむかえしんじ) / 神迎(かみむかえ) / 神等去出の神事(からさでのしんじ) / 勤労感謝の日(きんろうかんしゃのひ) / 神農祭(しんのうさい) / 秩父夜祭(ちちぶよまつり) / 酉の市(とりのいち) / 栂尾虫供養(とがのおむしくよう) / 下元の節(かげんのせつ) / 松明あかし(たいまつあかし) / 別時念仏(べつじねんぶつ) / 新嘗祭(にいなめのまつり) / 感謝祭(かんしゃさい) / 待降節(たいこうせつ) / 孟冬の旬(もうとうのしゅん) / 維摩会(ゆいまえ) / 鎮魂祭(みたましずめのまつり) / 諸手船神事(もろたぶねしんじ) / 納の庚申(おさめのこうしん) / 杜氏来たる(とうじきたる) / 尻摘祭(しりつみまつり) / 九州場所(きゅうしゅうばしょ) / 興福寺慈恩会(こうふくじじおんね) / 厳島御鎮座祭(いつくしまごちんざさい) / 山の神祭(やまのかみまつり) / 聖ザビエルの日(せいざびえるのひ) / 箕祭(みまつり) / 出雲大社新嘗祭(いずもおおやしろにいなめさい) / 誓文払(せいもんばらい) / 醸造安全祈願祭(じょうぞうあんぜんきがんさい) / 木幡の幡祭(こはたのはたまつり) / 賀茂臨時祭(かもりんじさい) / 時宗歳末別時(じしゅうさいまつべつじ) / 

仲冬の行事

三河花祭(みかわはなまつり) / 開戦日(かいせんび) / 義士会(ぎしかい) / 里神楽(さとかぐら) / 除夜詣(じょやもうで) / 大師講(だいしこう) / 天皇誕生日(てんのうたんじょうび) / 年篭(としごもり) / 鉢叩(はちたたき) / 鞴祭(ふいごまつり) / 臘八会(ろうはちえ) / 除夜の鐘(じょやのかね) / 大神宮札配(だいじんぐうふだくばり) / 年越の祓(としこしのはらえ) / 札納(ふだおさめ) / 仏名会(ぶつみょうえ) / 御暦の奏(ごりゃくのそう) / 聖胎節(せいたいせつ) / 終大師(しまいだいし) / 遠山の霜月祭(とおやまのしもつきまつり) / 春日若宮御祭(かすがわかみやおんまつり) / 豊明節会(とよのあかりのせちえ) / 日蔭の蔓(ひかげのかずら) / 小忌衣(おみごろも) / 子祭(ねまつり) / 五節の舞(ごせちのまい) / 天王寺道祖神祭(てんのうじどうそじんまつり) / 聖ヨハネの日(せいよはねのひ) / 松例祭(しょうれいさい) / 宗像祭(むなかたさい) / 納の水天宮(おさめのすいてんぐう) / 終天神(しまいてんじん) / 後日の能(ごにちののう) / 納の金毘羅(おさめのこんぴら) / 竈祓(かまばらい) / 聖家族の日(せいかぞくのひ) / 暮の魂祭(くれのたままつり) / 終大師(しまいだいし) / 終天神(しまいてんじん) / 松例祭(しょうれいさい) / 斎宮絵馬(いつきのみやのえま) / クリスマス(くりすます) / 神楽(かぐら) / 空也忌(くうやき) / 

晩冬の行事

春日万燈篭(かすがまんとうろう) / 春日若宮おん祭(かずがわかみやおんまつり) / 寒施行(かんせぎょう) / 寒念仏(かんねんぶつ) / 札幌雪祭(さっぽろゆきまつり) / 節分詣(せつぶんもうで) / 節分(せつぶん) / 達磨供養(だるまくよう) / 大原雑魚寝(おおはらざこね) / 追儺(ついな) / 阪神淡路震災忌(はんしんあわじしんさいき) / 報恩講(ほうおんこう) / 和布刈神事(めかりのしんじ) / 聖燭祭(せいしょくさい) / 公現の日(こうげんせつ) / 荷前の使(のさきのつかい) / 王子の狐火(おうじのきつねび) / 吉田清祓(よしだのきよはらえ) / 王祇祭(おうぎさい) / 五条天神参(ごじょうてんじんまいり) / 斎宮絵馬(さいぐうえま) / 御髪上(みくしあげ) / 鬼走(おにばしり) / 公現祭(こうげんさい) / 茗荷祭(みょうがまつり) / 

冬の動物

三冬の動物

鮟鱇(あんこう) / 鼬(いたち) / 兎(うさぎ) / 狼(おおかみ) / 鴛鴦(おしどり) / 鳰(かいつぶり) / 杜父魚(かまきり) / 竃猫(かまどねこ) / 鱈(たら) / 狐(きつね) / 氷下魚(こまい) / 笹鳴(ささなき) / 鮫(さめ) / 鷹(たか) / 隼(はやぶさ) / 狸(たぬき) / 千鳥(ちどり) / 鶴(つる) / 凍鶴(いてづる) / 冬眠(とうみん) / 海鼠(なまこ) / 鰰(はたはた) / 河豚(ふぐ) / 海雀(うみすずめ) / 梟(ふくろう) / 冬鷗(ふゆかもめ) / 冬の雁(ふゆのかり) / 冬の蝶(ふゆのちょう) / 冬の鳥(ふゆのとり) / 冬の蠅(ふゆのはえ) / 冬の蜂(ふゆのはち) / 冬の虫(ふゆのむし) / 冬の鵙(ふゆのもず) / 鰤(ぶり) / 魴鮄(ほうぼう) / ずわい蟹(ずわいがに) / 水鳥(みずどり) / 浮寝鳥(うきねどり) / 鷦鷯(みそさざい) / 都鳥(みやこどり) / むささび(むささび) / 鷲(わし) / 田鳧(たげり) / 平目(ひらめ) / 海松喰貝(みるくいがい) / 羚羊(かもしか) / 貂(てん) / 冬鷺(ふゆさぎ) / 旗魚(かじき) / 鯥(むつ) / 舞鯛(ぶだい) / 金糸魚(いとより) / 眼抜(めぬけ) / 真魚鰹(まながつお) / いさざ(いさざ) / ひめじ(ひめじ) / 玉桃(たいらぎ) / 麕(のろ) / 鯨(くじら) / 海豚(いるか) / 甘鯛(あまだい) / 金目鯛(きんめだい) / 氷魚(ひうお) / 鱈場蟹(たらばがに) / ざざ虫(ざざむし) / 冬の鹿(ふゆのしか) / 冬の犬(ふゆのいぬ) / 冬の鶯(ふゆのうぐいす) / 通し燕(とおしつばめ) / 方頭魚(かながしら) / だぼ鱚(だぼぎす) / 寒鰡(かんぼら) / 通し鮎(とおしあゆ) / 冬の蛾(ふゆのが) / 冬の蚊(ふゆのか) / 冬の蚤(ふゆののみ) / 冬の虻(ふゆのあぶ) / 虎魚(おこぜ) / 鴎(かもめ) / 嘴広鴨(はしびろがも) / 海鳩(うみばと) / 択捉海雀(えとろふうみすずめ) / 小川駒鳥(おがわこまどり) / 黒鵐(くろじ) / 毛足鵟(けあしのすり) / 小斑鳩(こいかる) / 氷鴨(こおりがも) / 筑紫鴨(つくしがも) / 小長元坊(こちょうげんぼう) / 山家五位(さんかのごい) / 白隼(しろはやぶさ) / 頭黒鴎(ずぐろかもめ) / 灰色沢鵟(はいいろちゅうひ) / 斑沢鵟(まだらちゅうひ) / 嘴白阿比(はしじろあび) / 深山烏(みやまがらす) / 三趾鷸(みゆびしぎ) / 雪頬白(ゆきほおじろ) / 魦(いさざ) / 鴨(かも) / 寒猿(かんえん) / クリオネ(くりおね) / 貛(あなぐま) / 冬雲雀(ふゆひばり) / 

初冬の動物

蟷螂枯れる(とうろうかれる) / 綿虫(わたむし) / 冬の蝗(ふゆのいなご) / 落鱸(おちすずき) / 霜降かます(しもふりかます) / 初鱈(はつたら) / 柳葉魚(ししゃも) / 熊穴に入る(くまあなにいる) / 

仲冬の動物

木菟(みみずく) / 落鱚(おちぎす) / 霜月鰈(しもつきがれい) / 初鰤(はつぶり) / 

晩冬の動物

潤目鰯(うるめいわし) / 寒鴉(かんがらす) / 寒鯉(かんごい) / 寒蜆(かんしじみ) / 寒雀(かんすずめ) / 寒鮒(かんぶな) / 白鳥(はくちょう) / 八目鰻(やつめうなぎ) / 寒鯛(かんだい) / 寒鮠(かんばや) / 寒烏賊(かんいか) / 

冬の植物

三冬の植物

青木の実(あおきのみ) / 落葉(おちば) / 蕪(かぶ) / 枯菊(かれぎく) / 枯草(かれくさ) / 枯桑(かれくわ) / 枯芝(かれしば) / 枯蔓(かれづる) / 枯葉(かれは) / 枯萩(かれはぎ) / 枯芭蕉(かればしょう) / 枯蓮(かれはす) / 枯芙蓉(かれふよう) / 枯葎(かれむぐら) / 枯柳(かれやなぎ) / 寒菊(かんぎく) / 冬菊(ふゆぎく) / 冬牡丹(ふゆぼたん) / 木の葉(このは) / 千両(せんりょう) / 名の木枯れる(なのきかれる) / 名の草枯れる(なのくさかれる) / 人参(にんじん) / 葱(ねぎ) / 白菜(はくさい) / 冬苺(ふゆいちご) / 寒林(かんりん) / 冬草(ふゆくさ) / 冬桜(ふゆざくら) / 冬薔薇(ふゆばら) / 冬菜(ふゆな) / 万両(まんりょう) / 蜜柑(みかん) / 室咲(むろざき) / 藪柑子(やぶこうじ) / 侘助(わびすけ) / 立忍(たちしのぶ) / 常盤薄(ときわすすき) / 寒菅(かんすげ) / 椪柑(ぽんかん) / 松藻(まつも) / セロリ(せろり) / カトレア(かとれあ) / 木守(きまもり) / 朽葉(くちば) / 深山樒(みやましきみ) / 冬山椒(ふゆざんしょう) / 芽キャベツ(めきゃべつ) / 山葵大根(わさびだいこん) / ブロッコリー(ぶろっこりー) / 海老芋(えびいも) / 滑子(なめこ) / 榎茸(えのきだけ) / 枯真菰(かれまこも) / 枯歯朶(かれしだ) / 枯忍(かれしのぶ) / 寒蘚(かんせん) / 寒芹(かんぜり) / 冬木の桜(ふゆきのさくら) / 枯山吹(かれやまぶき) / 南天の実(なんてんのみ) / 冬林檎(ふゆりんご) / 晩三吉(おくさんきち) / 枯茨(かれいばら) / 枯蔦(かれつた) / 冬柏(ふゆかしわ) / 寒蕨(かんわらび) / 冬蔦(ふゆづた) / 平茸(ひらたけ) / 埋大根(いけだいこ) / アロエの花(あろえのはな) / 鬼柚子(おにゆず) / 

初冬の植物

銀杏落葉(いちょうおちば) / 帰花(かえりばな) / 柿落葉(かきおちば) / 寒葵(かんあおい) / 山茶花(さざんか) / 敷松葉(しきまつば) / 茶の花(ちゃのはな) / 石蕗の花(つわのはな) / 枇杷の花(びはのはな) / 柊の花(ひひらぎのはな) / 仏手柑(ぶっしゅかん) / 冬紅葉(ふゆもみじ) / 朴落葉(ほおおちば) / 麦の芽(むぎのめ) / 麦蒔(むぎまき) / 紅葉散る(もみじちる) / 八手の花(やつでのはな) / 冬葵(ふゆあおい) / 寒蘭(かんらん) / 雪割茸(ゆきわりたけ) / 落葉松散る(からまつちる) / 寒竹の子(かんちくのこ) / 紫甘藍(むらさきかんらん) / 海苔(のり) / 

仲冬の植物

水仙(すいせん) / 大根(だいこん) / ポインセチア(ぽいんせちあ) / 竜の玉(りゅうのたま) / クリスマスローズ(くりすますろーず) / 甘蔗の花(かんしょのはな) / 寒独活(かんうど) / 冬至芽(とうじめ) / 蝦蛄葉仙人掌(しゃこばさぼてん) / 仏手柑(ぶしゅかん) / 

晩冬の植物

寒椿(かんつばき) / 寒木瓜(かんぼけ) / 新海苔(しんのり) / 早梅(そうばい) / 葉牡丹(はぼたん) / 冬菫(ふゆすみれ) / 冬の梅(ふゆのうめ) / 冬萌(ふゆもえ) / 冬芽(ふゆめ) / 臘梅(ろうばい) / カリフラワー(かりふらわー) / ネーブル(ねーぶる) / 菠薐草(ほうれんそう) / 砂糖黍(さとうきび) / 

ほかの季節の季語一覧

春の季語一覧
夏の季語一覧
秋の季語一覧
冬の季語一覧
新年の季語一覧

季語を深く理解できる本

春夏秋冬+新年の季語が、合計24000語収録
すべての季語に意味が書かれています
今まで知らなかった季語を知るだけで、普段の生活がワクワクするものになります
俳句をやっている人であれば、季語の選択肢が増えて、いま以上に良い俳句が作れるようになるはずです

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E6%98%A5%E3%81%AE%E8%A1%A8%E7%B4%99.jpg画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E5%A4%8F%E3%81%AE%E8%A1%A8%E7%B4%991.jpg画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E7%94%BB%E5%83%8F1.jpg画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E5%86%AC%E3%81%AE%E8%A1%A8%E7%B4%991.jpg画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: E6960E5B9B4E381AEE8A1A8E7B4991.jpg
四季を語る季語
~美しい日本の四季のことば~

KindleUnlimited会員の方は無料で読むことができます
30日は無料体験ができるので、試しに会員登録をして読んでみてもいいと思います
会員登録はこちら >>>

季語季語一覧
木幡 忠文をフォローする
タイトルとURLをコピーしました