俳句で注意をしたい季語

俳句で注意をしたい季語

「夕焼ける」という表現、俳句で使って良い?悪い?

「夕焼け」という言葉はあるけれど、「夕焼ける」という言葉は何なのか?「夕焼ける」という表現を俳句で使って良いのか、悪いのかなどについて書いています。
俳句で注意をしたい季語

「綿取」の子季語の「綿初穂」ってなに?

綿の実から綿の繊維をとる「綿取」という秋の季語があります この関連季語として「角川俳句大歳時記」では「綿初穂」を紹介しています 1) ただ、紹介はされているのですが、意味が書かれていません ワタの漢字表記は、採取する前の植物の状態のものを「...
俳句で注意をしたい季語

季語の鳥交む(つるむ)・鳥交る(さかる)の漢字は正しいの? 

春の季語に、「鳥つるむ・鳥さかる」があります 「角川俳句大歳時記」「合体俳句歳時記」は 鳥つるむ・鳥交る(さかる)と書いています 2.3) 「現代俳句歳時記」は 鳥交む(つるむ)・鳥交る(さかる)と書いています 4) ただ、一般的に 「つる...
俳句で注意をしたい季語

季語の、湖招(うしおまねき)は正しい?

「季語・季題辞典」に「湖招(ウシオマネキ)」という季語が紹介されていて、説明には 「海辺の砂地のスナガニ科の小さい蟹。はさみを上下に動かす姿が潮を招くように見えることから、この名がある」と書かれています 1) 説明から考えると、おそらく 潮...
俳句で注意をしたい季語

季語の「草刈笛」とは?

俳句季語よみかた辞典に、「草刈笛」という夏の季語が載っています 1) 意味は「草刈童の吹く笛」と書かれています 「草刈」は夏の季語 「草刈女」は、草刈をする女ということで「草刈」の関連季語 そうなれば、「草刈童」も、草刈をする童ということで...
俳句で注意をしたい季語

季語、「秋晴る」の違和感

「秋晴る」という季語が角川俳句大歳時記に紹介されています 1) 「晴る」は「晴れる」の文語形 意味は秋の澄んで晴れ渡る空のことですので、「秋晴れ」と同じ意味です この「秋晴る」に少し違和感を覚えるのは私だけでしょうか 違和感を覚えるのは、隠...
俳句で注意をしたい季語

季語の「月の水」の意味が・・・

「俳句季語よみかた辞典」には「月の水」という秋の天文の季語が紹介されています 1) 意味は「月かげを、水の泡に見立てたもの」 「月の水」と言われれば、一般的には月に存在する水(地表の氷)を想像しますが 月かげ(月の光)のことのようです ただ...
俳句で注意をしたい季語

季語の「冬障子」に「冬」は必要?

季語の一つに「障子(しょうじ)」があります 「障子」は木枠の片側に和紙を張った建具 寒さや風を遮るために用いられるため冬の季語とされます この「障子」の関連季語に「冬障子」が掲載されています 1) 「障子」は冬の季語ですが、何故「冬」が付い...
俳句で注意をしたい季語

北極熊が季語?その理由を調べてみた

「角川俳句大歳時記」には熊が季語として採用されていて、熊の子季語には、羆(ひぐま)、月輪熊(つきのわぐま)、北極熊、白熊などが掲載されている 1) 北極熊(白熊)は北極圏およびその周辺に生息する熊で、日本では見られないのに、なぜ季語として掲...
俳句で注意をしたい季語

「若餅」の子季語の「鼓餅」ってなに?

正月三が日の間に搗く餅を「若餅」といい、新年の季語になっています この「若餅」の関連季語に「鼓餅(つづみもち)」を掲載している歳時記があります 1.2.6) ただ、どの歳時記にも「鼓餅」の解説は書かれていません なぜ「若餅」を「鼓餅」と言う...