俳句の疑問

俳句の疑問

俳句を575で作るときに、季語から1音を減らす方法

俳句は575で作ります。そのときに1音をどうしても削りたい(増やしたい)、と思うことがあります。ここでは、季語の音数を減らす(もしくは増やす)方法を紹介します。
俳句の疑問

韻律(いんりつ)を知れば、1.5倍俳句が良くなる!(②音声の高さ)

韻律(いんりつ)を意識することは、俳句作りでとても重要です。特に韻律の「 ①音声の強さ ②音声の高さ ③音声の長さ 」は大切なポイントになるので、ここでは「②音声の高さ」について、説明をします。
俳句の疑問

韻律(いんりつ)を知れば、1.5倍俳句が良くなる!(③音声の長さ)

韻律(いんりつ)を意識することは、俳句作りでとても重要です。特に韻律の「 ①音声の強さ ②音声の高さ ③音声の長さ 」は大切なポイントになるので、ここでは「③音声の長さ」について、説明をします。
俳句の疑問

韻律(いんりつ)を知れば、1.5倍俳句が良くなる!(①音声の強さ)

韻律(いんりつ)を意識することは、俳句作りでとても重要です。特に韻律の「 ①音声の強さ ②音声の高さ ③音声の長さ 」は大切なポイントになるので、ここでは「①音声の強さ」について、説明をします。
俳句の疑問

衝撃!俳句のルールで一番重要なのは○○

俳句のルールで一番重要なことを紹介。あまり深く考えずに、このポイントをまずは意識して作るだけで、簡単に俳句は作れるようになります。
俳句の疑問

古典で見かける記号「ゝ」「ゞ」「ヽ」「ヾ」の意味

昭和初期以前の俳句作品を見ていると、「ゝ」「ゞ」「ヽ」「ヾ」といった記号が出てきます。これらの意味を紹介します。作品作りで使うことは無いと思いますが、過去の作品を鑑賞するときには見かけるので、意味を知っておくと良いと思います。
俳句の疑問

【徹底解説】俳句の「季重なり」のさまざまな疑問

俳句で季語を二つ使うことを「季重なり」と言います。季重なりは良いのか?悪いのか?。違う季節の「季重なり」はどう考えるべきか。季重なりの名句はあるのか。大御所先生たちの季重なりの考え。などを紹介しています。
俳句の疑問

簡単に「俳句で情景を詠む」方法を紹介!

初心者にもできる「情景のある俳句」の作り方を紹介しています。そもそも「情景」ってなに?という疑問や、「情景句」に似た「写生句」との違いなども解説しています。表現方法をひとつマスターすると、俳句の幅が広がるはずです。
俳句の疑問

季語を上五に置くか、下五に置くかの効果の違いは?

俳句を作っていると、季語を上五に置くか下五に置くか迷うことがあります 置く場所によって次の効果があります 【上五に季語を置く】 いち早く読者に季語が提示されるので 読者は〇〇についての句なのだと理解した状態で読め進められます そのため、句が...
俳句の疑問

俳句の描写にはどんな方法があるの?

一口に描写といっても、描写は広義の意味であって狭義では「人物描写」「心理描写」など色々な「描写」が存在します 漠然と描写をしなければ、と思うのではなく この句では「人物描写」、この句では「心理描写」をしよう、と細かく設定することで より自分...