339 俳句が古臭いと思われる理由は何なのか?

知人や友人に、「自分の趣味は俳句だというと」古臭い趣味を持っている、と必ず言われます
ただ、このような人に、どのあたりが古臭いのかを尋ねると、大抵の人が答えられません
「古臭い」と言っている本人が、どの辺りが古臭いのか、具体的には理解しておらず
漠然と古臭そうに感じているだけなのです
俳句をやっている立場から見て、俳句のどの辺りが古臭そうに思われるのか考えてみると
恐らくそれは、俳句の多くが旧仮名遣い(昔の仮名遣い)で詠まれている
という、ただそれだけの理由からなのだろう、と感じます
わざわざ、100年前の表記で詩を読むのですから、確かに古臭い感じを受けるのは当然と言えます
ただ、詠まれている内容を見ると、それはどれも驚くほど新鮮です
蝶をこのように表現するのか!
紫陽花をこのように見るのか!
桜の一片の散るさまをこのように感じるのか!
と驚くばかりです
旧仮名遣いというだけで、俳句は古臭いもの
古臭いものはやりたくない、と嫌煙するのは余りに勿体ないことだと感じます
最近では、現代の仮名遣いで俳句を詠んでいる人も増えています
おーいお茶で入選されている多くの俳句は、現代の仮名遣いです
ぜひ一度、気軽な気持ちで俳句を始めてはどうでしょうか?
多くの俳句は、日本の自然を賛美した内容です
そのような俳句を鑑賞すれば、あなたもたちまち虜になるはずです

俳句の作り方の勉強におすすめの本

「20週俳句入門」
1週ずつ課題が出されて、徐々に俳句の上達を目指す本です
俳句を始めたばかりで、俳句の作り方を勉強したいという方にお勧めです
簡単に、よい俳句が作れるようになります

もう古本でしか買えない本で、定価より高い値段をつけているお店が多いです
安く売っていたら、すぐに買った方がいいと思います

その他
木幡 忠文をフォローする
タイトルとURLをコピーしました