俳句では皆「漢字」と「ひらがな」どう使い分けてるの?

俳句を始めたばかりのころは、自分の作った俳句の中の単語を
「漢字」にするか「ひらがな」にするか、迷うことがあると思います
ここでは、皆がどのように「漢字」と「ひらがな」を使い分けているのか、例をあげながら紹介します

「漢字」は硬い印象を与え、「ひらがな」は柔らかい印象を与える

「漢字」と「ひらがな」の使い分けについて、明確なルールはないのですが
画数の多い漢字が続く句では、硬い印象を与えると言うことがあります
「硬い印象」というのは、ビジネス文章や報告書のような硬い文章、というような感じに受け取って貰って大丈夫です

一方で、ひらがなの多い句では、柔らかい印象を与えます
ですので、硬い内容の句を詠む場合は、漢字の分量を多くする
柔らかい内容の句を詠む場合は、ひらがなの分量を多くする
ということがあります

硬い内容は漢字の分量を多くする

俳句の詠む内容によって漢字の分量を変えるということがあります
例えばこういうことです

忌日や追悼句を詠むときは、内容も少し硬いので、漢字の分量は多くします
さすがにひらがなだらけで作ったのでは、句の内容と合わなくなります
合わないどころが、相手に失礼になる場合もあるので注意が必要です

逆に、家族や友人達とのほのぼのとした出来事を詠むときは、内容も柔らかいので、ひらがなを多くしたりします
ひらがなを多用することで、お互いの関係の柔らかさを表現できるとも言えます

漢字だけの俳句、ひらがなだけの俳句

極端ではありますが、漢字だけ、ひらがなだけで俳句を作ったらどうなるのでしょうか?
実際に漢字だけで作られた俳句と、ひらがなだけで作られた俳句を比べてみましょう

【漢字だけの俳句】
五柳先生六花七言絶句之天
山又山山桜又山桜


【ひらがなだけの俳句】
わらづかのかげにみつけしすみれかな
をりとりてはらりとおもきすすきかな


このような感じになります
「硬い印象」「柔らかい印象」というのも分かると思いますが

ぱっと見た感じ、どちらも読みにくさを感じます
(名句に向かってこんなことを言って良いのか分かりませんが・・)

漢字だけ、ひらがなだけは読みにくい

漢字だけの俳句、ひらがなだけの俳句は
どちらも読みにくいことは分かりました

読みにくさの理由は、単語同士のつながりが一読してわからないからです
また、句切れがどこにあるのか一読して分からないからです

単語は漢字、助詞はひらがなで表記されていれば、単語同士のつながりや関係が分かります
句中の区切りも分かります
しかし、全てが漢字、全てがひらがなだと、それらが分からなくなってしまいます

読みやすい俳句にするためには、漢字とひらがなの適度な分量が大切ということです

漢字とひらがなの適度な分量は?

漢字とひらがなの適度な分量はどれくらいなのか、ですが
一般的な文章では、「 漢字:ひらがな = 3:7 」くらいの分量が読みやすいと言われています
俳句を作る時でも、この割合は一つの目安にして良いでしょう

実際に文章を比較してみましょう

【 漢字が多い 】
「明日は買い物に行くので、何処か好きな場所を決めて下さい」

【 漢字が少ない 】
「明日はショッピングにいくので、どこか好きな場所を決めてください」

同じ内容ですが、下の文章の方が読み易かったのではないでしょうか

目立たせたい部分だけを漢字にする

俳句では、一句の中で「一番重要なもの」「主人公となるもの」だけを漢字にして
後はひらがなにしている表記方法はよく見かけます

一か所だけが漢字で表記されているため、いやでもそこが目立つことになります
部分的に目立たせたいときに有効な方法と言えるでしょう

一部だけが漢字の俳句です

ありがとうからさよならまでの桜
さみだれのあまだればかり浮御堂


漢字に目が行ってしまうのではないでしょうか

切れ目の部分は漢字にする

俳句には句読点がないので、切れ目が分かりにくいということがあります
そのため、文章によっては、2つの意味に取られてしまうことがあります

「これからはありを見つけに行く」
という文章であれば

「これからは、あり(蟻)を見つけに行く」
「これから、はあり(羽蟻)を見つけに行く」

このように、意味が2つに取れてしまうのです
これを防ぐために、句を切る部分の(前か後ろの)単語は漢字にすることが多いです
上の文章であれば、句を切る部分(句点)の前か後ろの単語、つまり蟻や羽蟻を漢字にします
そうすれば、助詞と単語の区別がつくので、誤った意味に取られることはなくなります

読み方が同じで漢字が沢山あるときは、漢字表記にする

例えば、「さる」という漢字は、下のように複数の漢字表記があります

「猿・去る・然る・申・然有・曝」

それぞれ意味が違うのにもかかわらず、漢字で書かずに、ひらがなで「さる」と書いてしまうと、読者に正確に意味が伝わりません
小説のような長文であれば、前後の文脈で漢字が推測できるのですが、俳句では文が少ないため推測することはほとんどできません
おそらくこの漢字かな?とは思うのですが、あくまで「おそらく」でしかなくて
なぜ漢字で書いてくれなかったのだろう、と思う俳句がたくさんあります

「あわただしい(慌ただしい)」
のように、「慌ただしい」以外の漢字表記がない場合は、ひらがなでも意味は通じます
同じ読み方で複数の漢字表記があるときは、漢字で書いた方がいいでしょう

同じ読み方で複数の漢字表記のものを、同音異義語、同訓異字と言います
複数の漢字表記があるため、いざ漢字で書く場合に、間違った漢字を使ってしまうこともあります
こちらの本では、そのような間違いを防ぐために、それぞれの漢字の意味が書かれています
一冊あると重宝できます

おわり

ざっと「漢字」と「ひらがな」の使い分けの例を書き出しました
他にもあるかもしれませんが、とりあえずこれらの内容を意識するだけでも
「ここは漢字で良いかも」
「ここはひらがなでも良いかも」
と判断できるはずです
参考になれば幸いです

タイトルとURLをコピーしました