普通とは違う読み方の季語(ゆやけ・てんとむし)は使うべき?

俳句を鑑賞すると、ときどき変わった読みかたを目にすることがあります

例えば

大根が「だいこ」

夕焼けが「ゆやけ」など

 

最初は「これは何なんだ?」と思うかもしれません

その気持ちは重要で、あなたがそのように思ったということは

俳句をやっていない鑑賞者であれば、なお同じ疑問を持つ可能性が高いということです

ですので、そのような言葉を使うときは、本当に使ってよいのか慎重に決めたほうが良いと思います

 

 

俳句でみられる、変わった読み方と由来を少し載せてみます

普通の読み方

変わった読み方

由来

大根

だいこ

方言の一つ

夕焼

ゆやけ

宮崎の方言

南風

みなみ

広島の方言

海霧

ガス

北海道太平洋沿岸で発生する霧の地方名

薄氷

うすらい

薄(うす)らな氷(ひ)から「うすらい」

川音

かわと

「かわおと」の音変化で「かわと」

天道虫

てんとむし

由来不明

生命

いのち

由来不明

 

 

由来を見ても、なるほど、一般的には知られていない言葉だと分かります

 

それでも俳句でこれらの読み方を使うのは

俳句が十七音で完結させる、という少し無茶なことをしているからです

十七音に音数の調整するために、あえて特殊な読み方を使うという事情がありあります

また、一句を読んだ時の音の流れ・響きなどを重視して、そちらの読み方を選ぶ、ということもあります

 

 

一般的には使われない読み方かもしれない

一般の人が鑑賞したら読めないかもしれない

それでも

「ここでは音数を合わせたい」

「音の響きを優先させたい」

というときに、特殊な、省略した読み方を使うことがあります

 

 

 

 

変わった読みかたを使うか使わないかは作者の自由です

ただ、読者がいて読んでもらえるからこそ、作品としての価値が生まれまれます

一般的でない言葉を使うかどうかは、慎重に決めた方がよいと思います

 

 

タイトルとURLをコピーしました