8音の季語は、ここに置くと作りやすい

俳句作り

 

 

8音の季語を置く場所

まとめ

8音の季語の紹介

ほかの音数の季語の置く場所(記事リンク)

音数から季語をさがせる本

 



■8音の季語を置く場所

季語の音数が8音以上になってくると、置く場所も限られてくる

ただ、その中でも置きやすい場所がまったく無いわけではない

考え方としては、次の2つを意識するといい

 

 

 

8音の季語は

先頭か最後のどちらかに置く

ただ、どちらかに置くにしても、句またがりになるので

できれば、8音の季語の中で切れそうな部分を、五・七・五の切れる部分に合わせるといい

 

 

例えば、「バレンタインデー(8音)」であれば

「バレン・タインデー」←「・」の所で切れそうなので

そこを「五・七・五」の「・」に合わせるといい

 

なので、バレンタインデーであれば、後ろに置いた方がリズムは良くなる

〇〇〇〇〇 / 〇〇〇〇バレン / タインデー

 

先頭ではリズムが悪い

バレンタイ / ンデー〇〇〇〇 / 〇〇〇〇〇

 

 

 

 

 

 

通常、中七での字余りはやめた方が良いと言われるが、そんな中でも「4音+4音」で構成されている8音の季語は、中七に置ける場合がある

 

 

例えば

憲法記念日(けんぽうきねんび)

緑の週間(みどりのしゅうかん)

林間学校(りんかんがっこう)

など

 

これらを中七に置くと、このようになる

 

〇〇〇〇〇 / けんぽうきねんび / 〇〇〇〇〇

〇〇〇〇〇 / みどりのしゅうかん / 〇〇〇〇〇

〇〇〇〇〇 / りんかんがっこう / 〇〇〇〇〇

 

 

そうなると「5・4・4・5」という流れになり、中心を境に音数が奇麗に対象となるため、違和感が無くなるのだ

 

 

 

 

 

この2つを意識して置く場所を決めると良い

 

 

 

 

季語だけを頭に浮かべて、作り始めてもいいが、結構大変な作業になるはずだ

というのも、句を完成させるためには

「季語を置く場所」「五七五のリズム」「十七音の文字数」「詠む内容」など

考えることが沢山あるからだ

 

それらを考えて、パッと句を完成させることは、経験者だって難しい

 

 

そうではなくて、季語を置く場所を先に決めてしまう

そうすることで、もう

「季語を置く場所」は考えなくていいし

「五七五のリズム」を意識する場所は激減する

 

 

 

 

■まとめ

8音の季語を使う場合は

季語の中の「軽い切れ」を意識して、置く場所を決めてしまう

そうすることで、俳句は圧倒的に作りやすいのだ

 

 

 

■8音の季語の紹介

8音の季語の一覧を載せたので、その季語で俳句を作ってみよう

 

 ↓クリックすると表示されます         

8音

萍生ひ初む(うきくさおいそむ)、北野菜種御供(きたのなたねごく)、建国記念日(けんこくきねんび)、憲法記念日(けんぽうきねんび)、嵯峨大念仏(さがだいねんぶつ)、山帰来の花(さんきらいのはな)、地虫穴を出づ(じむしあなをいづ)、鎮花祭(はなしずめまつり)、バレンタインデー(ばれんたいんでー)、安良居祭(やすらういまつり)、ゴールデンウィーク(ごーるでんうぃーく)、緑の週間(みどりのしゅうかん)、龍天に昇る(りゅうてんにのぼる)

8音

烏瓜の花(からすうりのはな)、鞍馬の竹伐(くらまのたけきり)、忍冬の花(すいかずらのはな)、虫歯予防デー(むしばよぼうでー)、山法師の花(やまぼうしのはな)、林間学校(りんかんがっこう)、夏期講習会(かきこうしゅうかい)、狐の提燈(きつねのちょうちん)、愛鳥週間(あいちょうしゅうかん)、昆虫採集(こんちゅうさいしゅう)

8音

鞍馬の火祭(くらまのひまつり)、震災記念日(しんさいきねんび)、八朔の祝(はっさくのいわい)、六斎念仏(ろくさいねんぶつ)、終戦記念日(しゅうせんきねんび)、八幡放生会(やはたほうじょうえ)

8音

神等去出の神事(からさでのしんじ)、寒中水泳(かんちゅうすいえい)、ボジョレー・ヌーヴォー(ぼじょれーぬーぼー)

新年

8音

穂俵飾る(ほんだはらかざる)

■ほかの音数の季語の置く場所(記事リンク)

■音数から季語をさがせる本

12,500語の季語を、音数順に並べた本があります

記事のシェアをお願いします(^^♪
    ↓↓↓↓↓↓
タイトルとURLをコピーしました