「季節が自由」の俳句大会は、この季節を選ぶと入選確率がアップする

俳句大会に作品を応募したいけれど、季節の違う作品を応募してもよいのかわからない
そのような悩みを持っている人もいると思いますので、考え方を書かせてもらいます
記事を読んでもらえれば、応募する際の季節のルールが分かります
俳句大会に作品を応募する際ですが
多くの場合「応募要項」「投句要項」と書かれた部分があります
応募をする際のルールが書かれていて、ここに季節のルールも書かれています
だいたい、次のような説明が書かれています

「当季」
「当季雑詠」
「○○の季節のもの」
「季節は自由」
それぞれの意味を説明します
「当季」
当季(とうき)というのは、現在の季節という意味です
夏に応募をしている大会であれば、夏の俳句を応募します
春から夏にかけて応募期間を設けている大会の場合は、春・夏のどちらかの俳句を応募します。俳句大会での「当季」には、現在の季節のほかに、いま作った俳句を出してください、という意味も含まれているため、応募期間内で作った俳句(必然的に、現在の季節の俳句)を出すことになります
「当季雑詠」
当季雑詠(とうきざつえい)も、「当季」と同じで、現在の季節の俳句を応募します
ここでの「雑詠」は、どのようなテーマでもいいですよ、という意味です
大会の主催はお寺であったとしても、お寺の俳句に縛られず、家のことでも、自然のことでも、好きなテーマで俳句を作って応募して大丈夫です
「○○の季節のもの」
まれに、冬の季節のもの、夏の季節のもの、というように季節を指定する大会もあります
雪に関連するイベントで入賞作品を発表する、などの場合で見られます
このようなときは、指定する季節で俳句を作る必要があります
季節を間違えると、入選は難しくなるでしょう
「季節は自由」
どの季節で作ってもよいということです
おーいお茶の俳句大会は、このスタイルです
季節が指定されていないため、作る範囲も広くなってしまうデメリットがありますが
自分の好きな季節で作って良い、というメリットはあります
2~3句を提出する俳句大会では、いま説明した季節のルールが書かれているので、それに準じて俳句を応募します
もし、何も書かれていない場合は、現在の季節(つまり、「当季」)の句を提出するのが暗黙の了解となっています
一方で、20~50句を提出する俳句大会では、季節のルールが書かれていません
20~50句の作品量になると、全部の季節を詠むことが前提になっているからです
ですので、このような大会では、すべての季節の句を提出するのが暗黙の了解となっています

タイトルとURLをコピーしました