俳句には色々な時間の呼び方がある

俳句作りの色々な表現

俳句を鑑賞しているといろいろな時間の名前が出てきます
「1時、2時、3時・・・」や「朝、昼、晩」といった呼び方であれば、私たちも慣れ親しんでいるので良いのですが
実際にはたくさんの呼び方があり「これは何時の事を言っているのだ?」と思ってしまう呼び方に遭遇することもあります
せっかく鑑賞するのでしたら、言葉の意味も理解して、作者はこの時間帯に句を歌ったんだなぁ、と感情移入したいものです

また、自分が句を作るにしても「1時、2時、3時・・・」よりも良い言葉があるなら使いたいものです

>>>「時間の呼び方」をまとめた資料は、こちらからダウンロードできます

それぞれの時間をまとめるために複数行の表にする必要があり、HTMLでは作れなかったため、PDFのダウンロード形式にしました

このような感じの資料です
俳句鑑賞や俳句作りの際に、ご利用ください

タイトルとURLをコピーしました