説明っぽい俳句を直す(切れを入れる)

 
 
寒梅の 幹の穴抜け ゆきし風
 

説明っぽい俳句です
本来は季語の「寒梅」を詠もうとしていたはずですが
一続きで句を詠んだことで、「風」が主になってしまっています
これも問題です
 
このような俳句を直すときは、季語の「寒梅」を切ってみましょう
季語を切ることで「寒梅」が主役になります
 
「寒梅」で切る

寒梅の 幹の穴抜け ゆきし風

   ↓

寒梅や 幹の穴抜け ゆきし風

 
 
ただ、これではまだ「寒梅」と「風」が主役となっているので、中七・下五を直します

寒梅や 幹の穴抜け ゆきし風

   ↓

寒梅や 風が抜け行く 幹の穴

 
 
 
「幹の穴を抜ける風」ではなくて、「風が抜ける幹の穴」にすることで
 風が主ではなくなります




説明っぽい句は、切れを入れることで解消できないか考えてみましょう
 
 
タイトルとURLをコピーしました