「こんなもんでいいでしょ」俳句は、出さない方がいい

句会などに参加していると「こんなもんでいいでしょ?」というように作られた俳句を目にします

例えば、綺麗な桜を俳句にしようとして

桜が綺麗だった、とだけ言っている俳句など

川沿いに綺麗な桜咲いていた

このような俳句です

桜がどのように綺麗だったのか、を頑張って言おうとした形跡がなく
表現方法も工夫を凝らしたという形跡がない俳句です

言い換えると

自分の最も感動した中心部分を言語化して、書こうとした気配がまったくない俳句です

言語化して書くことは難しいし、時間もかかります

だから、その作業は省いて「こんなもんでいいでしょ?」と

使い慣らされた言葉を書いて提出してしまうのだと思います

人それぞれ、物事への取り組み方はいろいろあるので、それに対してどうこう他人が言うべきでは無いのですが

このような俳句を出すなら、出さないほうがいいと感じます

それは、読者、作者ともにメリットがまったく無いからです

読者側からすれば

そのような作品はまず、感動することはありません

学ぶものが一つもありません

そのような作品を読まされた側は、ただの時間の無駄にしかなりません

作者側からしても同じです

そのような適当な作品を出したところで、自分の力が付くはずはありません

誰かが作品に対して講評をしてくれても、適当に作ったものに対する講評を、作者が真剣に受け止めるとは思いません

そうであれば、作者側からしても、作品を出すだけ、ただの時間の無駄でしかないのです

結局、そのような作品は、読者、作者双方の貴重な時間を無駄にさせてしまうことになります


「こんなもんでいいでしょ」と人を軽く扱う作品は、俳句に限らず、世の中に溢れかえっています

10分程度の内容を1時間かけて放送するテレビ番組

広告ばかりの雑誌

見えるところだけを美しく装飾した家具

どれも、「こんなもんで」が丸見えです

一方で、次のような仕事もあります

人が寝ている時間から起きて、手間暇をかけて作られる野菜

表向きには分からなくても、使い勝手を何度も考えた文房具

一切の妥協を許さずに命を削って作られた工芸品

ここに「こんなもんで」という力の出し惜しみはありません

どちらで俳句を作るか、です

俳句の作り方の勉強におすすめの本

「20週俳句入門」
1週ずつ課題が出されて、徐々に俳句の上達を目指す本です
俳句を始めたばかりで、俳句の作り方を勉強したいという方にお勧めです
簡単に、よい俳句が作れるようになります

もう古本でしか買えない本で、定価より高い値段をつけているお店が多いです
安く売っていたら、すぐに買った方がいいと思います

その他
木幡 忠文をフォローする
タイトルとURLをコピーしました