「五七五」のリズムが、一気に俳句らしくさせる

俳句は十七音の詩と言われますが、重要なのは「十七音」であることではありません。「五七五」のリズムがあることが重要なのです

「五七五」のリズムの俳句と、「五七五」のリズムを崩した俳句を比べて、なぜ重要なのかを見ていきます

「五七五」のリズムの重要性を理解し、リズムを守って俳句を作ることは初心者を必ず助けてくれます

俳句の「五七五」のリズムがなぜ重要なの?と思う人は、記事を読んでください

 

いきなりですが、次の一文は俳句だと思うでしょうか

 

「青葡萄が早朝に光っている」

 

おそらく、ほとんどの人が俳句だとは思いません

では、次の一文はどうでしょうか

 

「陽の射して光かがやく青葡萄」

 

何となく、俳句の感じを受けます

両方、同じ十七音で作られていますし、同じ内容の文章ですが、後者の方が俳句らしさがあります

同じ十七音であるにも関わらず違いを生むのは、後者は「五七五」で作られていて、「五七五」によって生まれるリズムが、俳句らしさを感じさせる大きな要素になっているからです

 

 

「五七五」のリズムと、「五七五」のリズムを崩した俳句を、読み比べてみましょう

はじめの2句は「五七五」のリズムの俳句です、後の2句は「五七五」のリズムを崩した俳句です

↓「五七五」のリズムの俳句

ゆさゆさと 大枝ゆるる 桜かな

うつばりに 紐垂れてをり さくらの夜

 

 ↓「五七五」のリズムを崩した俳句

さくら咲きあふれて 海へ雄物川

さまざまのことおもひ出す 桜かな

 

 

前の二句と、後の二句とでは、どちらが俳句らしいでしょうか

おそらく、ほとんどの人が前の二句を俳句らしいと感じたはずです

やはり「五七五」のリズムに、わたしたちは俳句らしさを感じるのです

 

 

 

「五七五」のリズムで詠むだけで、俳句らしくなる

この事実は重要で

俳句を始めたばかりの人で、どのように詠んでよいのか見当のつかない人でも

「五七五」さえ守れば、その作品は一気に俳句らしくなります

「五七五」のリズムが一文を俳句に変えてくれます

つまり、「五七五」のリズムが初心者の俳句作りを助けてくれるのです

 

ですから、はじめのうちは、どんなことをしても「五七五」のリズムを守って俳句を作ることをお勧めします

大抵、無理だと思われる状況でも、必死に考えれば99%は「五七五」でまとめることができます

注意をしたいのが、俳句作りに慣れてきた2~3年目ころです

新しいことに挑戦したいという衝動にかられ、「五七五」のリズムを崩した俳句を作りたくなるときがきます

そのようなときでも「五七五」のリズムを守って作りましょう

 

 

最初に見た一文

「青葡萄が早朝に光っている」

「五七五」のリズムを崩した俳句

「さくら咲きあふれて 海へ雄物川」

「さまざまのことおもひ出す 桜かな」

 

これらに俳句らしさを感じなかったはずです

俳句らしさを感じない方法で作ってみても、良い結果は生まれません

「五七五」のリズムは、俳句を作るうえで絶対に守ったほうがいいルールです

 

 

 

俳句の作り方の勉強におすすめの本

「20週俳句入門」
1週ずつ課題が出されて、徐々に俳句の上達を目指す本です
俳句を始めたばかりで、俳句の作り方を勉強したいという方にお勧めです
簡単に、よい俳句が作れるようになります

もう古本でしか買えない本で、定価より高い値段をつけているお店が多いです
安く売っていたら、すぐに買った方がいいと思います

その他
木幡 忠文をフォローする
タイトルとURLをコピーしました