500 俳句の鑑賞力を高めよう

 

 

俳句を始めたばかりのことは、人の俳句を読んでも理解できないことが多い

自分もそうだった

最初は、100句に1-2句くらいしか理解できなかったが

2年目くらいに100句に50句くらい分かるようになった

3年目には、100句に7080句くらい分かるようになった

 

その中で感じたことは、俳句の読解力を付けるには、とにかく一気に沢山の句を読むこと

俳句を浴び続けることが効果的ということだ

 

俳句を浴び続けることで得られる効果は大きい

 

一気に何百句と読んでいると、そのうち

「この句はここで一旦句が切れているのか」

「助詞を省略しているのか」

「音数を合わせるために、音読み(訓読み)で読ませているのか」

など、いろいろ分かるようになってくる

 

様々な俳人が、五・七・五に音数を合わせるために、色々な工夫をしているのが分かるようになる

工夫が分かるようになれば、次に同じ形で作られた俳句を読んだときに、すんなり理解することが出来るようになる

 

 

何百句と読むのだが

これは、一気に行った方が良いと思う

今日数十句鑑賞して、また2-3週間後に数十句鑑賞する。このようにだらだら鑑賞をしても、2-3週間前の句の形など大概忘れてしまっている

それではまったく意味がない

読んだ俳句の形が頭に残っているうちに、次々と俳句を鑑賞して「なるほど、この俳句はこういう風に作られているのか」と、違いを理解しながら進めた方が良い

 

できることなら、1週間をかけて、一気に何百句、何千句と読める限り、読んだ方が良い

読んだ後の俳句の理解力は一気に高まるはずだ

 

 

ちなみに、鑑賞するときに全ての句を理解しようとは思わなくていい

(そもそも初心者で、理解できないから、このようなことをやっているのだ)

読めない漢字や単語が出てきたら、飛ばして読んで一向にかまわない

漢字は読めても言っていることが分からなかったら、そのまま飛ばしていい

つまり、流し読みで良い

 

流し読みをしていると、直感的に、なんとなくこう「いうことを言っているのかな?」と感じる時がある

それを続けていると、「いうことを言っているのかな?」という感じが多くなってくる

そのうち「なるほど、こういう作りで、こう言うことを言っていたのか」と分かる句が多くなっていく

 

 

藤田湘子は、初学者は最低100冊の句集を読むことを勧めている

100冊も読むの?と思うかもしれないが、句集は1冊に100句程度しか載っていない

つまり、1,000句を読めばいいだけだ

小説を100冊読むより、はるかに楽だ

 

 

ただ、句集100冊など、図書館に行っても恐らく置いていないだろう

なので、句集ではなく、歳時記を1冊読んでも良いだろう

歳時記1冊で、30,000句前後の俳句を読めるはずだ。句集300冊分だ

 

 

とにかく、俳句の読解力が無い、と言う人は

騙されたと思って、大量鑑賞をやってみて欲しい

必ず、読解力が上がるはずだ

 

 

俳句の作り方の勉強におすすめの本

「20週俳句入門」
1週ずつ課題が出されて、徐々に俳句の上達を目指す本です
俳句を始めたばかりで、俳句の作り方を勉強したいという方にお勧めです
簡単に、よい俳句が作れるようになります

もう古本でしか買えない本で、定価より高い値段をつけているお店が多いです
安く売っていたら、すぐに買った方がいいと思います

その他
木幡 忠文をフォローする
タイトルとURLをコピーしました