句会の2時間の清記を5分に短縮する方法

句会関連

句会では、次の流れで清記を行います

清記の手順
① 各参加者が短冊に自分の句を記入します
② 記入し終わったら、短冊を混ぜ合わせて、全員に振り分けます
  (誰が投句したものかわからないようにするためです)
③ 各自が、配られた短冊を清記用紙に記入します
④ 5枚の清記用紙に書かれた句の全てを、自分のノートに書き写します
※5人参加、5句出しの場合、合計35句書くことになります

この清記、かなり時間がかかります
参加人数が100人、2句出し、すべて手書き、という句会もあります
こうなると、書いているだけで2時間かかります

これを5分で終わらせる方法です

グーグルメールフォームを使います

注意:Googleのアカウントは必要
GoogleDriveにアクセス

作成ボタンをクリック


 その他 > Googleフォーム > 空白のフォームを選ぶ


 タイトルを入力 「句会提出フォーム」


 質問タイトルを入力 「一句目」


 回答パターンの、「ラジオボタン」を「記述式」に変更
これで1つ目の回答フォーム終了
(最終的に、この回答欄に、みなさんが句を入力することになる)


上記の質問を複製する

(3句提出なら、3つ複製して、質問タイトルを二句目、三句目と変更する)
これで提出フォームの作成終了

作成した句会提出フォームを、句会参加者に送る
右上の「送信」を押して、「メール」の欄(赤○の所)に、句会参加者全員のメルアドを入力(電話帳でグループにしていれば、一括で入力可能)
もしくは
提出フォームのURLをコピーして(黄の所でURLが見れます)、それをグループチャットやメール、LINEなどで一斉に送信してもOK


送られてきた人は、こんな感じでフォームを見ることができるので
各自が提出句を入力して、下にある「送信」ボタンを押せばOK


 全員から句が届けば、回答の数(赤○の所)が参加者全員の数と一致する
スプレッドシートを開くと(黄の所)、回答がエクセル形式で、集計されている


提出フォームを作るのに4~5分かかりますが
一度作ってしまえば、手作業で行っていた句会の清記作業の
①②③が、2分に短縮します

集計された全員の句を、バラバラに並び変えたら
人数分コピーをして終了(コピーは3分で終わります)

簡略できるものは簡略して
俳句の披講などに時間をかけた方が、有意義でしょう

この方法を提案したものの
「すべて手書きですることが、我が句会の伝統だ!」
と言う句会もあります
そのような句会に参加されている場合は、あきらめて手書きを行いましょう

グーグルメールフォームで清記をするのはメリットだけでなく、デメリットもあります

それぞれは次の通りです

メリット
時間短縮
誰の句か完全に分からない
何百句も手書きで書く必要がない
清記による腱鞘炎の心配がなくなる

デメリット
パソコンにない漢字が記入できない
当て字など、フリガナを()で記入しなければならない
ガラケーでは使えない(かもしれない)

スマホ操作の苦手な人が多いと導入は難しい

タイトルとURLをコピーしました